『Mステ』で“恒例の放送事故”!? カメラ無視の大暴れにアゼン...

10月22日(火)19時0分 まいじつ


(C)Dean Drobot / Shutterstock



エレファントカシマシ』のボーカル・宮本浩次が、10月18日放送の『ミュージックステーション 3時間SP』(テレビ朝日系)にソロとして出演。同月23日発売の新曲『Do you remember?』を披露したところ、視聴者から「放送事故」だとの声が上がった。


【関連】HIKAKIN『Mステ』出演も“公開処刑”状態…「ダサ過ぎて笑った」ほか


同楽曲は去る9月27日から公開されている映画『宮本から君へ』の主題歌で、制作には『クレイジーケンバンド』の横山剣も加わった話題作。宮本はトークの後、CMを挟んで歌唱することになったが、おどけながら話していたトーク時とは違い、静かながらも何かを感じさせる雰囲気を出しながら歌い出していった。


背景やセットは特に用意されず、暗いスタジオの中、ライトが宮本だけを照らすという演出で曲は進行。宮本は最初の歌い出しだけ、ややどんよりと歌うと、その後は狂ったように体を揺らしながら叫ぶように熱唱していく。カメラは宮本の周りを回るようなアングルで映していったが、本人はお構いなしであちらに行ったりこちらに行ったりと大暴れ。続けてカメラから消えたり床に寝転がったりと破天荒な動きを見せ、絶叫するような歌い方も相まって〝画ヂカラ〟の強い光景が次々と繰り広げられていった。


 


ロック魂あふれるド派手なステージ


その後も大絶叫しながら歌っていった宮本は、時折白目を剥きながら、シャツを引き裂こうとしたりと派手なパフォーマンスを次々と披露。最後は着ていたジャケットを投げ捨ててカメラにピースをし、ロック魂あふれるド派手なステージとなった。




アシスタントの並木万里菜アナウンサーは「素晴らしいパフォーマンスありがとうございました」とコメントし、ひな壇の『ジャニーズWEST』はメンバー総立ちのスタンディングオベーションで宮本に拍手。ネット上にも、



《Mステ 放送事故かよ》

《荒ぶるミヤジ。相変わらずの動きまくり》

《Mステがまた放送事故を迎えてます(笑)》

《たった今テレビつけたらMステだったんだけど、ちょうど放送事故起きてた》

《初っ端から宮本浩次先生暴れてて最高www》

《Mステこんな気持ちで見たの初めてだった》



など、圧巻のパフォーマンスに驚く声が次々と上がっていった。


同放送からリニューアルとなった「Mステ」も、幸先の良いスタートを切れたようだ。


 


【画像】


Dean Drobot / Shutterstock


まいじつ

「放送事故」をもっと詳しく

「放送事故」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ