シャンシャン、ママ大好き 後を追ったり、じゃれついたり

10月22日(日)21時3分 オリコン

上野動物園で母親のシンシンに寄り添うシャンシャン(公財)東京動物園協会

写真を拡大

 上野動物園は21日、生後130日を迎えたジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香、メス)の近況を発表。足取りがしっかりとしてきて、低い段差なら乗り越えられるようになり、産室内を歩き回るように。シンシンの後を追ったり、じゃれつくようすも見られるという。

 シンシンや職員を目で追うようすもよく確認でき、目もしっかり見えるようになったよう。ばっちりカメラ目線で撮られた写真も公開された。

 15回目の身体検査では、体重は10月10日の7.7キロから8.6キロに増加(+0.9キロ)、体長は同日の69.8センチから74.2センチに成長(+4.4センチ)。上下左右の犬歯や前後の臼歯などの歯が伸び、母親の食べているタケをかむようすも時々見られなど、順調に育っている。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

シャンシャンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ