ダレノガレ明美、ハリウッド進出プラン大幅変更「下手したら5年後か10年後か…」

10月22日(月)21時9分 オリコン

『第31回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』に出席したダレノガレ明美 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 モデルでタレントのダレノガレ明美が、メガネが最も似合う各界の著名人に贈られる『第31回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の「サングラス部門」に選出され22日、東京ビッグサイトで行われた表彰式に出席した。

 ダレノガレといえば8月、映画『オーシャンズ8』を観て感銘を受け、ハリウッド行きを目標に掲げたことをテレビで告白。2週間の留学も行うなど行きたい願望は変わっていないが、プランを大幅に変更するという。「ニューヨークに行きたいんです。ハリウッドじゃなく。行き場所に今、迷っている。なんならスイスぐらい行こうかな」と冗談交じりにぶっちゃけ。「英語が追いつかない」そうで「下手したら5年後か10年後になるかも…」と計画の軌道修正も示唆していた。

 壇上のスピーチでダレノガレは「すごくうれしいです」と満面の笑み。3歳ぐらいから母親のつけていたサングラスに興味を持っていたほどサングラスは大好きという。「週刊誌に撮られるときに毎回、サングラスをつけて撮られています。それぐらい本当に大好きで、これからもたくさん集めて30代、40代になっても、たくさんの人にサングラスを見ていただき、私と同じような気持ちになってもらいたい」と話し「次に週刊誌に撮られるときもサングラスをかけて撮られたいと思います」と意気込み?を口にして笑わせた。

 囲み取材では、デートの際もほとんどかけていると話したが、「どこに行けば撮れますか?」という報道陣の直球質問も「今は何もない。『友達です』しかない」と苦笑いで現在の恋愛状況も明かしていた。

 そのほかの部門では、「政治部門」を国土交通大臣の石井啓一氏、「経済界部門」をニトリホールディングスの似鳥昭雄会長、「文化界部門」をフリーアナウンサーの加藤綾子、「芸能界部門」を俳優の豊川悦司、今後、メガネを掛けてほしい著名人に贈られる「特別賞」をアイドルグループのモーニング娘。’18が受賞した。

オリコン

「ダレノガレ明美」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ダレノガレ明美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ