漫画家・吾妻ひでおさん死去 69歳 『ななこSOS』『失踪日記』など

10月22日(火)12時0分 オリコン

漫画家・吾妻ひでおさん死去 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 『ななこSOS』『失踪日記』などで知られる漫画家の吾妻ひでお(本名:吾妻日出夫)さんが13日未明、都内の病院で亡くなった。69歳。21日、吾妻さんの公式ツイッターで伝えられた。

 ツイッターでは「かねてから食道がん治療中でしたが、2019年10月13日未明、都内の病院で永眠いたしました。享年69歳。ここに謹んでご報告申し上げます。合わせて永年の読者の皆様のご支援と励ましのお言葉に改めて御礼申し上げます」と報告。

  なお、葬儀・告別式は近親者のみで執り行い、「後日、お世話になった方々、ファンの方々にも参加していただける形でお別れ会を開く予定です。こちらは決定次第、ご案内申し上げます」と発表している。

 吾妻さんは1969年にデビュー。ギャグ漫画の『ふたりと5人』やアニメ化もされた『ななこSOS』、SF作品の『不条理日記』などで人気を得、現在の“萌え”ジャンルの先駆者とも言われている。その後、アルコール依存症や失踪を経て、2005年にそれらの経験をもとに描いた『失踪日記』を発表。『第34回日本漫画家協会賞大賞』『平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞』などを受賞し話題を読んだ。

オリコン

「漫画家」をもっと詳しく

「漫画家」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ