三宅裕司 元気がない時は笑って泣いて芝居を見るのが一番

10月22日(土)7時0分 NEWSポストセブン

劇団スーパー・エキセントリック・シアター座長の三宅裕司と相方の小倉久寛

写真を拡大

 1979年の旗揚げから独自の笑いを創造し、毎年、老若男女を抱腹絶倒させてきた劇団スーパー・エキセントリック・シアター(以下SET)の新作『土九六村へようこそ』が10月21日から幕を開ける。結成37年目を迎えたSETが魅せる“最新の笑い”とは…? 緊張と爆笑の稽古場に、座長の三宅裕司と無二の相方・小倉久寛を訪ねた。


 台本を練りに練り、試行錯誤で演技を磨き、人を笑わせることに尽くしてきた三宅&小倉コンビ。喜劇のプロであり、笑いのエキスパートだ。


三宅:笑うと「自然治癒力が強化される」なんていわれますけど、笑いの作り手としては、悩みを抱えていても、観劇の後には「まあ何とかなるさ!」と、明日への活力になれば最高にうれしいですよね。


 小学生の頃、エノケンこと榎本健一さんが主宰していた『雲の上団五郎一座』を見て、家族みんなで笑った。あの幸福感は今でも、芝居を作り上げていく過程でたびたび思い出します。


小倉:ぼくは人生幸朗師匠のボヤキ漫才に笑わせてもらいましたね。笑って息ができなくて、息をしようと思うとまた面白いことを言うから息つぎできなくて、もうぼくはこのまま死ぬかもしれない…と思ったくらい(笑い)。でも笑ったあとは必ず気持ちが上がりますね。体にいいと思う。


三宅:ぼくなんか、夜中に台本を書いていて、ものすごい面白いことを思いつき、自分で腹抱えて笑っちゃうこともありますからね(笑い)。それを舞台に上げて大爆笑になれば、こんな快感はないわけですよ。


 ドカーンと笑わせて、最後にほろりと感動させるシーンをそっと入れる。そうすると、笑いで感情が上がった分、涙もドーッと出ちゃうんです。


小倉:あ、思い切り泣くのも体にいいっていいますよね。


三宅:心の抑揚がいいんでしょうね、きっと。ボケ防止にもなる(笑い)。とにかく、ちょっと元気のない時は、いい芝居を見て思い切り笑って泣いて、感動することがいちばんの薬です。私たちが証明です!


 涙腺破壊と腹筋痛覚悟で、エキセントリックな古典喜劇を体感しに、いざ劇場へ!


※女性セブン2016年11月3日号

NEWSポストセブン

「三宅裕司」をもっと詳しく

「三宅裕司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ