『俺を好きなのはお前だけかよ』のTVアニメ化が決定! 「電撃文庫25周年記念 秋の電撃祭」新作発表ステージをレポート

10月23日(火)13時30分 アニメイトタイムズ

2018年10月7日、東京・ベルサール秋葉原にて「電撃文庫25周年記念 秋の電撃祭」が開催されました。
本稿では、「電撃文庫25周年 新作発表」ステージの模様をお届けします。ステージには、うえむらちかさん、三澤紗千香さん、ストレートエッジ代表取締役・三木一馬さんらが登壇。
新作発表として『俺を好きなのはお前だけかよ』のテレビアニメ化が決定! シークレットゲストとして山下大輝さん、戸松遥さんも登場しました。
スペシャルゲストとして山下大輝さん、戸松遥さんが登場! それぞれのキャラクターを紹介毎年、電撃文庫作品のアニメ化が発表され、ファンを熱狂させる新作発表ステージ。今年はどのタイトルがアニメ化されるのか、気になる中ステージが幕を開けました。
うえむらさん、三澤さん、三木さんが登壇し、さっそく初公開となる情報を解禁していくことに。盛大な音楽とともに『俺を好きなのはお前だけかよ』のTVアニメ化制作決定の映像が流れました。
ここでシークレットゲストとして、ジョーロ役・山下さん、パンジー役・戸松さんが姿を現しました。ステージに登壇していた三澤さんもコスモス役として出演します。
それぞれのキャラクターを「ツッコむ熱量の大きいセリフが多く、汗をかきながら取り組んだ思い出があります」(山下さん)、「パンジーだけにパンチー(笑)のあるキャラクターで、演じていて楽しかったです」(戸松さん)、「凛とした姿を見せつつも、他キャラクター同様、コスモスもギャップが大きいです」(三澤さん)と、紹介してくれました。
また、シリーズ構成を原作者の駱駝さんが担当していることも明かされました。駆け引きであったり、キャラクターの裏表を表現する必要があるため、「付け焼き刃では難しいと思ったので、駱駝さんにお願いしました」と、三木さん。「原作通りではないものの、原作の良さを原作者が出すアニメをやりたい」とも語ってくれました。小説とアニメではテンポ感が異なるため、現場では原作者でもある駱駝さんにダメ出ししているとの裏話も暴露。これには登壇者から驚きの声が上がっていました。
『俺を好きなのはお前だけかよ』のアニメ化情報の発表もいよいよ終盤に差し掛かり、担当声優から一言ずつ今後の展開に期待を込めるコメントが述べられ、イベントは終了となりました。
[文/阿部アキラ]
TVアニメ「俺を好きなのはお前だけかよ」<STAFF>
【原作】:駱駝 (電撃文庫刊)
【原作イラスト】:ブリキ
【監督】:秋田谷典昭
【キャラクターデザイン】:滝本祥子
【シリーズ構成・全話脚本】:駱駝
【アニメーション制作】:CONNECT
(「ストライク・ザ・ブラッド」ほか)
<CAST>
ジョーロ(如月雨露):山下大輝
パンジー(三色院菫子):戸松 遥
ひまわり(日向 葵):白石晴香
コスモス(秋野 桜):三澤紗千香
https://oresuki-anime.com/ (TVアニメ公式サイト)
https://twitter.com/oresuki_anime (TVアニメ公式Twitter)

アニメイトタイムズ

「電撃文庫」をもっと詳しく

「電撃文庫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ