織田裕二&中島裕翔の“バディ感”増した『SUITS/スーツ』第3話

10月23日(火)11時15分 クランクイン!

ドラマ『SUITS/スーツ』記者会見に登壇した織田裕二 クランクイン!

写真を拡大

 俳優の織田裕二主演のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第3話が22日に放送され、主人公を演じる織田と、彼の相棒に扮する中島裕翔のコンビプレーに視聴者から「いいタッグ」「バディ感更にましまし」などの声がSNSに寄せられた。 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。

 仕事を探している大輔(中島)を蟹江(小手伸也)は外に連れ出す。一方、老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れた甲斐(織田)は、死去した社長の娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂(久松信美)が葬儀を巡ってもめている現場に出くわす。

 その頃、大輔は総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていた。そこに、ゲームメーカー『BPM』のCEO・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。蟹江は、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込もうと画策。しかし蟹江の思惑をよそに藤ヶ谷と大輔は、意気投合する…。

 甲斐は亡くなったKAMIYAの社長・加宮忠に関わる膨大な資料を、大輔に全て暗記するよう指示。その作業の意図を尋ねる大輔に対して、甲斐は真剣な表情で「新社長を会社から追い出す」と即答。大輔が驚いた表情で「追い出す!?」と叫ぶと、甲斐はいたずらっぽい笑顔で「ワァーオ」と一言。甲斐を演じる織田の茶目っ気たっぷりの演技にネット上は「織田様の『わぁーお』キュンてきた」「良いねぇ」「かっこいい」などの声が寄せられた。

 取締役の安樂に変わる新社長としてベテラン社員・岡林達樹(きたろう)に白羽の矢を立てる甲斐と大輔。取締役会で岡林にスピーチさせようと計画する甲斐は、スピーチを固辞する岡林に激怒しながら、大輔に「覚えるまで絶対家に返すな!」と指示する。

 部屋に残された大輔は、岡林に同情しながら「まるで人を奴隷みたいに…」とポツリ。岡林の懐に入った大輔は、彼に職人としての情熱をスピーチするように打診。岡林の心をつかんだ大輔は、甲斐の待つ部屋へ。甲斐が笑顔で「どうだった?」と尋ねると大輔も笑顔で「今自分で原稿を書いています」と返答。2人が仕掛けたアメとムチに視聴者からは「いいコンビプレー」「いいタッグ」「上手い!さすがバディ」「バディ感更にましまし」などの声が殺到した。

クランクイン!

「SUITS」をもっと詳しく

「SUITS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ