チュート徳井“あの板東英二”を上回る所得隠しで芸能界追放確定!?

10月23日(水)14時40分 まいじつ


(C)まいじつ 



お笑いコンビ『チュートリアル』の徳井義実の設立した会社が、2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しをしていたと報じられた。


【関連】チュート徳井だけじゃない!“ロリコン”疑惑のドン引き芸能人たちほか


徳井は自身が設立した『株式会社チューリップ』を通してテレビ出演などのギャラを受け取っていたが、12年〜15年までの4年間で、個人の旅行費や洋服代などを経費として計上。東京国税局から所得隠しと合わせて、申告漏れも指摘されている。


「経費の申告は、計上の考え方の違いで、間違いを指摘されるケースは多々あるのですが、徳井の場合、さらに悪質なのは、16年〜18年までの3年間の収入を〝全く〟申告していなかったことです。徳井はすでに、追徴税額3400万を合わせて、納税と修正申告を済ませていますが、もはや、今まで培ってきた好感度は一気に失墜したと言ってもいいでしょう。額面が大きいこともあり、うっかり忘れていたでは済まされないレベルです」(芸能記者)


 


「清々しいほどの開き直りっぷり」


ネット上では、



《庶民は消費税増税で苦しんでいるのにふざけんな》

《間違いだったらともかく、一切払ってないって、清々しいほどの開き直りっぷりだなw》

《これって税理士はどうしてたんだろ。まさか全部自分でやってたのか?》

《確信犯だろうね。バレなければラッキーみたいな》

《しばらくは謹慎だろうね。レギュラーも剥奪だろ》



など、非難の声が殺到している。


「徳井は現在、『人生最高レストラン』(TBS系)や『衝撃のアノ人に会ってみた!』(日本テレビ系)など、複数のレギュラー番組を持っていますが、降板する可能性が高いと思います。よしもと芸人は〝闇営業〟が問題になったばかり。小遣い程度の申告漏れですら、世間から相当たたかれましたからね。1億円以上の所得隠しをしていたとなると、視聴者だけではなく、スポンサー筋も黙ってはいないでしょう」(前出の芸能記者)


所得隠しといえば思い出されるのが、元プロ野球選手でタレントの板東英二だ。12年に坂東の個人事務所『オフィスメイ・ワーク』が税務調査を受け、7年間で約7500万円の申告漏れが指摘された。坂東は国税庁のポスターに起用され、期限内の確定申告を呼び掛ける国税庁のPR活動をしていたこともあり、非難が殺到。さらにそのたくましい〝銭ゲバ〟ぶりも暴露され、当時のレギュラー番組はすべて降板。一時は引退も囁かれた。


約7年間にもわたり不正を働いていた徳井。ネット上では「引退もやむなし」の声も出ているだけに、今後はより厳しい視線が注がれることは間違いない。所属事務所の吉本興業がどのような処分を下すのか、今後の動向が注目される。


 


まいじつ

「チュートリアル」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「チュートリアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ