『ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生』に注目の韓国人俳優・テジュ出演「日本の漫画が好きで日本語を勉強したんです」

10月23日(火)19時0分 オリコン

11月10日~13日まで東京・R'sアートコートにて上演される『ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生~画業45周年だよマンガ道~』に出演するテジュ(C)Deview

写真を拡大

『恋愛ドラマな恋がしたい』(AbemaTV)レギュラー出演で注目を集めた、韓国人俳優・テジュが、11月10日〜13日まで東京・R'sアートコートにて上演される『ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生〜画業45周年だよマンガ道〜』に出演する。来日から約9ヵ月、「日本での仕事が楽しい」という期待の俳優に話を聞いた。

 2015年『仮面』(SBS/チュ・ジフン主演)、2016年『モンスター』(MBC/カン・ジファン主演)などのドラマや舞台で、韓国を拠点に活動していたテジュ。今年、日本に住まいを移し、本格的に活動を開始。『恋愛ドラマな恋がしたい』出演や、三越劇場『夏の夜の夢 2018』(2018年9月14〜17日)などの舞台出演で、日本でもファンを増やしつつある。

 韓国で1年間勉強し「JLPT 日本語資格証2級」を取得するなど、日本語でのコミュニケーションは全く問題ないテジュ。「新しい日本語が入ってくるから、韓国語と日本語がぐちゃぐちゃになっていて難しいです。韓国語を忘れかけてしまって、韓国人から“(言葉が出てこないなら)日本語で話していいですよ”って言われたり。辛い物にも弱くなってきました」と笑う。「日本での仕事が楽しい」という彼は、「お客さんが優しいので、自然に喜ばせたいという気持ちになります。応援してくださる方がいるので頑張れます」と、ファンの応援が一番の支えになっているようだ。

 そんな彼が今回、『ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生〜画業45周年だよマンガ道〜』に出演。演じるのは韓国からの留学生役だ。「『まいっちんぐマチコ』は、歴史のあるコミックだと聞いています。韓国でも人気のある『クレヨンしんちゃん』のような“レジェンド”みたいな感じ」と、原作の注目度は理解している。そのうえで「僕は、漫画とアニメとゲームが好きで日本語を勉強し始めたので、日本の漫画原作の作品に出演できるのは、すごくいい機会だと思っています」と意気込む。

 今回はミュージカルということだが、「(韓国で)オリジナル曲を2曲リリースした経験もあります」と自信を見せる。ただし「今回はあまり歌は無いんですが、ダンスもあると聞いているので、ちょっと期待しています」とこちらも得意なダンスを披露してくれそうだ。最後に、舞台を観に行こうと考えているファンに向けて「皆さんが楽しく見られる舞台だと思うので、楽な気持ちで来てください」とメッセージを送った。

■テジュ プロフィール

生年月日:1988年9月30日(29歳)
出身:大韓民国/血液型:A型
身長:171cm/体重:61kg
特技:コンテンポラリーダンス(現代舞踊)、歌、日本語、剣道(8年)
資格:JLPT 日本語資格証2級
学歴:檀国(タングック)大学演劇映画学部 卒業

オリコン

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ