テレ東・池上彰番組で誤った画像を使用 公式サイトで謝罪

10月23日(火)23時3分 オリコン

テレ東・池上彰番組で誤った画像を使用し公式サイトで謝罪 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 テレビ東京は23日、今月21日にテレビ東京で放送された『池上彰の現代史を歩く』で取り上げたドラクロワ作の絵画「民衆を導く自由の女神」が、加工された誤ったものだったことを番組公式サイトで謝罪した。

 同局の池上氏の番組サイトで「取り上げたドラクロワ作の絵画『民衆を導く自由の女神』は加工された画像であり、誤って使用してしまいました。視聴者並びに関係者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。「今後はこのようなことのないよう、チェックを強化し、番組作りに取り組んでまいります」と再発防止を誓った。

 21日の放送は「“Noと言える”フランス 表の顔、裏の顔」と題し、池上氏がフランスの現代史の現場を歩き、多くの人が持つフランスのイメージを変える旅を紹介。フランス革命を紹介するコーナーで「民衆を導く自由の女神」が画面に映し出されたが、絵の右側に本来はいない人物が描かれていた。

オリコン

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ