Nissy、舞台あいさつでじょう舌トーク「久しぶりの公の場で…」

10月23日(火)23時24分 オリコン

映画『あのコの、トリコ。』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席したNissy (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 歌手のNissy(AAA西島隆弘)が23日、都内で行われた映画『あのコの、トリコ。』の大ヒット御礼舞台あいさつにサプライズで登場。同映画に出演する俳優の吉沢亮、女優の新木優子を巻き込み、じょう舌トークで会場を盛り上げた。

 イベント中盤、ハロウィンにちなんでオレンジの角を着けたNissyがサプライズ登場すると、会場は大きな歓声に包まれ、吉沢に熱いハグと握手で映画のヒットを祝福した。Nissyが担当する同映画の主題歌「トリコ」について吉沢は「映画のポジティブさだったりかわいらしさというものを完璧に表現してくださっていて、僕が偉そうに言えることじゃないんですけど…」と謙遜。するとNissyは「どんどん言ってください」と食い気味にアピール。自身が所属するAAAのライブに吉沢と新木が観に来てくれたことを明かし「うれしくてドキドキしました」とテンション高めに喜んだ。

 また、ミュージックビデオに出演した新木が「いろんな反響をいただきまして、映画とはまた違った世界観を表現できたのかなと思います」と撮影を振り変えると、Nissyは「撮影中はほんとかわいくて、どうしようかな〜っと」新木をべた褒め。司会から「Nissyさん口が回りますよね」と突っ込まれると「久しぶりの公の場に出たので、バーっとなっちゃってすみません(笑)」と暴走気味に恐縮していた。

 さらに動画再生回数2千万回を超す反響を呼んでいる“トリコダンス”を吉沢、新木、Nissyの3人で生披露。キュートなダンスに会場からは黄色い歓声が上がり、新木は「舞台あいさつの中で1番緊張しました、すごく楽しかったです」と笑顔を見せ、Nissyも「まさか3人で踊れると思っていなかったのでうれしいです」と感激。「今後もこの作品と一緒に「トリコ」という作品も成長していけたらなっと思っております」と語った。

 同映画は、『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻コミックスで累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)した白石ユキ氏の漫画を実写化。田舎から東京の芸能コースがある高校に転入した主人公・鈴木頼を吉沢、頼が一途に思いを寄せるヒロイン・立花雫を新木、頼のライバルとなる人気イケメン俳優・東條昴を杉野遥亮が演じる。地味で冴えないメガネ男子の頼が、雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリー。

オリコン

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ