阿部寛演じる桑野信介の週刊誌対策に衝撃 「ウケる」「そんな手が…」

10月23日(水)13時31分 しらべぇ

まだ結婚できない男(©関西テレビ)

22日、阿部寛主演ドラマ『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ)の第3話が放送。主人公・桑野信介(阿部)のまさかの「週刊誌対策」が話題になっている。


■謎の隣人と交流深まる

この日の放送回では、桑野が隣人・戸波早紀(深川麻衣)と交流を深める様子が描かれた。

以前から彼女の部屋から声を盗み聞きしていた桑野は、早紀が女優だと気がつきながらも、イタズラ心で殺人計画の可能性をまどか(吉田羊)に相談。

その帰り道、飼い始めたばかりのパグ(タツオ)がいなくなって困っていた早紀に協力し、一緒に探すうちに話すようになる。


関連記事:『まだ結婚できない男』ハロウィン仮装に桑野が持論 「激しく同意」

■まさかの週刊誌対策

そんななか、桑野の身に週刊誌報道が降り注ぐ。夜道でタツオを散歩させている早紀と出会って話していたところ、早紀の元カレで人気俳優の野村信吾(平田雄也)がヨリを戻したいと主張、言い合いしている様子を写真週刊誌に掲載されてしまったのだ。

有名建築家ではあるものの、芸能人ではないせいか目に雑なモザイクをつけられ、報じられてしまった桑野。思わぬスキャンダルに英治(塚本高史)や詩織(奈緒)を始めとする周囲は大盛り上がりし、対策を講じる羽目に。

その後、早紀から台本読みを手伝ってもらえないか依頼を受けた桑野。有希江(稲盛いずみ)のカフェですることになるのだが、その向かい道中、桑野はなぜか後ろ向きで歩く。そうすれば写真を撮られたとしても、すれ違っただけと主張できる、というのがその理由だった。

■「ウケる」「不自然すぎ」

桑野らしいひねくれた対策に、ツイッター上では「もう週刊誌に撮られたくないのと撮られてもいいようにすれ違ってるように見えるように桑野さんウケる笑」「不自然すぎて大草原」「笑いが止まらねぇ!」など反響が相次ぐことに。

理屈としては成り立つものの、誰かと一緒に歩いているのに後ろ向き……というシュールさがウケたようだ。


■約4割「芸能人の熱愛報道を信じる」

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、約4割が「芸能人の熱愛報道が出たら信じるほうだ」と回答している。

前作『結婚できない男』から13年を経て、さらにキャラが濃くなっている印象の桑野。

一方、早紀が予想外に素直な性格のキャラクターだったので、今後のふたりの関係性にも注目だ。

《これまでに配信した『まだ結婚できない男』関連記事一覧はこちら》


・合わせて読みたい→博多大吉、密着中スタッフにイジられ苦言 「教育を受けていない」


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日

対象:全国20代〜60代の男女1,354名(有効回答数)

しらべぇ

「阿部寛」をもっと詳しく

「阿部寛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ