【夕刊】『アダムス・ファミリー』ドラマ化、ティム・バートンが交渉中/ロック様の伝記ドラマが撮影開始/CGと実写融合、戦争アニメ「リベレーター」予告 ほか

10月23日(金)18時0分 THE RIVER

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2020年10月23日のトピックはこちら!

アダムス・ファミリー』ドラマ化、鬼才ティム・バートンが契約交渉中

ティム・バートンPhoto by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7587109732

人気ホラー・コメディ『アダムス・ファミリー』シリーズを、鬼才ティム・バートン監督がテレビドラマとしてリブートする。

もとより『アダムス・ファミリー』から影響を受けていたというバートンは、製作総指揮としての契約交渉中であり、全話の監督を務める可能性もあるという。脚本・製作総指揮は「ヤング・スーパーマン」(2001-2011)のアルフレッド・ガフ&マイルズ・ミラー。米Deadlineによると、現代を舞台に、一家の娘ウェンズデーから見た世界が描かれるとのこと。米MGM TVが出資し、Netflixなどが配給権を争っている。『アダムス・ファミリー』は1938年に漫画家チャールズ・アダムスが発表し、60年代にドラマ&アニメ化、90年代にバリー・ソネンフェルド監督が実写映画化し、2020年9月にはアニメ映画版も日本公開された。

Source: Deadline

「宇宙空母ギャラクティカ」新映画化、『X-MEN』サイモン・キンバーグが脚本・製作に就任

人気SFシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」「宇宙空母ギャラクティカ」の新映画化企画に、『X-MEN』シリーズの製作で知られ、『X-MEN ダーク・フェニックス』(2019)では監督も務めたサイモン・キンバーグが脚本・製作に就任した。ほか製作は2010年代の『猿の惑星』シリーズのディラン・クラーク。米ユニバーサルにて企画中だ。

Source: The Hollywood Reporter

ドウェイン・ジョンソン伝記ドラマ「ヤング・ロック」が撮影開始

この投稿をInstagramで見る

Our new, wildly funny and unbelievable show for @NBC, explores my true life events during my formative years from growing up in the surreal and tough world of pro wrestling to being a broke kleptomaniac to hanging out in honky tonks at 15yrs old in Nashville and deciding I was gonna be an outlaw country singer ??Move over Waylon & Merle, cos here I come ???‍♂️(some of you know those names;) To winning the National Championship at THE U. Miami ???The baddest boys college football has ever seen. Period. What a FUN and WILD show and can’t wait to deliver it to you guys in 2021. A @teremana toast to all my fellow actors, our brilliant hard working crew, our NBC partners and to my kick ass show creator, Nahnatchka Khan for kicking off production down under in Australia ???Stay healthy and let’s make a great one - for the people! #YOUNGROCK @sevenbucksprod @NBC

therock(@therock)がシェアした投稿 -

若き日のドウェイン・ジョンソンを描くドラマ「Young Rock(原題)」の撮影開始を、製作を務めるドウェイン・ジョンソンがInstagramで報告。あわせて1分程のプロモーション映像を公開している。映像でドウェインは、アメフト選手時代やプロレスラー時代など、自身の知られざる過去が登場すると予告。ドラマでは、ドウェインの“形成期”に焦点が当てられるという。全11話構成のシングルカメラ・コメディとなり、ドウェイン本人が各話で登場する。10歳、15歳、20歳ドウェイン役を演じる俳優たちはこちらでご確認を。

Source: Screen Rant

CGと実写映像を融合、第二次世界大戦を描く革新的アニメの予告編

Netflixオリジナルシリーズ「リベレーター: 勝利へ、地獄の行軍500日」の予告編が公開された。最先端のCGと実写映像を融合した革新的なアニメーション作品であり、特許出願中の最新技術をもって製作されている。第二次世界大戦のイタリアを舞台にした本作は、この戦争で最も大きな犠牲を払いながら劇的な勝利を収めた、多様な人種からなる歩兵連隊を描く実話。欧州を解放する為に、500日以上の激戦に身を投じていく。アレックス・カーショウの著書『The Liberator: One World War II Soldier’s 500-Day Odyssey (原題)』を映像化した本作の脚本・製作総指揮は、『ダイ・ハード』(1988)『逃亡者』(1993)などのジェブ・スチュアートが担当した。2020年11月11日に独占配信開始。

Source: Netflix Media Center

人気Netflixドラマ「私の“初めて”日記」シーズン2の撮影再開へ

『オーシャンズ8』(2018)などで知られる女優・コメディエンヌのミンディ・カリングが製作を務める人気Netflixドラマ「私の“初めて”日記」(2020)シーズン2の撮影が再開される。インド系アメリカ人の負け組高校生デービーが、自分に向けられる偏見や身の回りで続出する問題を乗り越えながら、親友たちと勝ち組を目指していく成長物語。コロナ禍の影響で支障が出ていたシーズン2の撮影は、今後2週間以内に再開の見込みだという。ただし、具体的な開始日は決定されていないとのこと。シーズン2には主人公デービー役マイトレイ・ラマクリシュナンをはじめ、デービー母役プールナ・ジャガナサン、ベン役ジャレン・ルイソンら主要キャストが続投する。

Source: Variety

THE RIVER

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ