広瀬章人竜王が巻き返すか、豊島将之名人が連勝か 第2局が再開/将棋・竜王戦七番勝負

10月24日(木)9時4分 AbemaTIMES

 将棋の竜王戦七番勝負の第2局が10月24日に2日目を迎え、京都府京都市の「総本山仁和寺」で再開した。前日に後手番の豊島将之名人(29)が66手目を封じ手。初防衛を目指す広瀬章人竜王(32)の手番から、注目の2日目が始まった。

 竜王戦七番勝負としては5度目となる「竜王対名人」の頂上決戦になった同シリーズ。第1局は豊島名人が逆転で勝利を収めた。両者の過去の対戦成績は8勝8敗の五分。直近5局では広瀬竜王が4勝1敗とリードしている。本局は、相掛かりの出だしから、持ち時間はほぼ同じペースで消費していたが、封じ手となった66手目で豊島名人が1時間20分を超える長考。現在では、広瀬竜王が1時間以上のリードを持っている。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制で、先手は広瀬竜王。第3局以降は、先手・後手が交互に入れ替わり、最終第7局まで進んだ場合は、再度振り駒で決める。AbemaTVでは、この対局を終了まで生放送する。

【封じ手時点の残り持ち時間】

広瀬章人竜王 4時間57分(消費時間3時間3分) 豊島将之名人 3時間38分(消費時間4時間22分)
(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶中継:竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人(対局中)

▶中継:棋王戦 挑戦者決定トーナメント羽生善治九段 対 佐々木大地五段 10/25(金)9:50〜

AbemaTIMES

「竜王戦」をもっと詳しく

「竜王戦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ