相葉雅紀史上最強の萌えキャラ誕生!「僕とシッポと神楽坂」に集まる称賛

10月24日(水)10時15分 アサジョ

 嵐・相葉雅紀主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)がジャニーズファン以外からも高評価されているようだ。その理由として挙げられているのが、相葉演じる若き獣医師・高円寺達也の萌えキャラぶり。

 相葉はジャニーズ事務所で「俳優部」と呼ばれる木村拓哉岡田准一二宮和也などとは違い、中居正広を筆頭としたバラエティ番組を主戦場とする「タレント部」のメンバーだと言われている。その証拠に、相葉と聞くとドラマや映画作品を思い出すより「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)を思い出す人が多いのではないだろうか。

「相葉のほわ〜っとした天然系癒しキャラは、かつて米倉涼子に『嵐の中で彼氏にするなら相葉君』と選ばれたほど。動物と絡んだ時に見せる相葉の優しそうな笑顔や、2017年3月から放送されている“柔軟剤ソフラン”のテレビCMで見せているエプロン姿と、共演している子役に見せる父性や包容力を感じさせるムードは、女性から絶大なる支持を得ています。そんな背景ありきで始まったのが、たらさわみち氏による同名漫画の実写ドラマ『僕とシッポと神楽坂』なんです。広末涼子演じる動物看護師・トキワの息子と仲よくなり、大人として上手に命の大切さを教え、病気や事故で来院した犬や猫を獣医師という立場でなく、まずは動物の立場になって考え治療に臨む姿勢など、相葉の長所が存分に生かされる設定は見事としか言いようがありません。ネット上でも『相葉史上最強の萌えキャラ爆誕』『このキャラは相葉クン以外に考えられない』『ジャニファンではないが、この相葉には惚れてまうやろ〜』など、称賛の声が続出しています」(テレビ誌ライター)

 10月12日放送の初回視聴率は23時台スタートのドラマながら6.6%を記録。ゴールデンタイムで放送中の有村架純主演ドラマ「中学聖日記」(TBS系)の初回視聴率6.0%、第2話視聴率6.5%を上回る数字だ。このまま相葉が“ハマリ役”で爆走なるか。

アサジョ

「相葉雅紀」をもっと詳しく

「相葉雅紀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ