堂本剛、一部ファンに冗談交じりで言い放った「転売したらブチ殺す」の意味

10月24日(火)17時0分 週刊女性PRIME

銀テープすらもいざこざの原因に

写真を拡大



「ホンマこのとき、誰もこっちの話聞いてへん。見てすらいない」

 舞台上であきれながらそう話したのは、KinKi Kidsの堂本剛。10月13日に大阪・森ノ宮ピロティホールで開催された彼の独演会『小喜利の私』でのことだった。

「『小喜利の私』は'12年から剛クンがほぼ毎年、開催しているトークイベントです。芸人さんのような、いわゆる“大喜利”を披露し、さまざまなお題に剛クンが答えます」(芸能レポーター)

 そんな和やかそうなイベントで、なぜ冒頭のような発言となったのか……。

「ジャニーズだけでなく、ほかのアーティストのコンサートでも多い、会場に無数のテープが舞う演出が、今回の『小喜利の私』でも行われたのですが、テープが発射されると、それをゲットしようと、大勢のファンが剛クンの話もそっちのけで群がって……。それに対しての発言だったんです」(訪れたファン)

 ジャニーズファンの間では“銀テープ(略して“銀テ”)”と呼ばれるこちらのテープは、公演の記念として人気が高い。基本的にツアーのタイトルが印刷されるが、中にはメンバーのメッセージが入ったテープもあり、ネット上では高値で取引されている。

「銀テを求めて、争奪戦になることも多いです。中には自分の席から遠く離れたところまで取りにいくマナーの悪い人もいるので、トラブルになったり……。

 そもそも会場には剛クンを見に、話を聞きに行っているんですから、それを無視するような行動は、彼に対してめちゃくちゃ失礼です」(前出のファン)

 剛の苦言は、実は前日の12日の公演でも……。

「銀テが舞って、それを取ろうと興奮するファンたちに対して、“転売したらブチ殺す”と、ひと言。怒っているという感じではなく冗談っぽく言っていましたが、本心だったと思います」(12日に訪れたファン)

 同様の転売に関するトラブルは10月22日まで開催されていた、V6のライブツアーでも起こった。

「ライブではメンバーがサイン入りのゴムボールを観客に投げるのですが、サインボールがオークションサイトで転売されることが相次いでいたんです。

 そこで三宅健クンは9月16日〜17日の仙台公演では、サインとともに“STOP! ヤフオク メルカリ STOP!”という直筆のメッセージを添えていました」(別のファン)

 しかし彼の思いは一部には伝わらず、いまだにサインボールは転売され続けている。ファンなら転売は絶対、STOP!

週刊女性PRIME

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

堂本剛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ