デヴィッド・リンチ初の自伝本『夢みる部屋』発売 ─ 映画・アート・音楽・人生、すべて語り尽くす

10月24日(土)12時0分 THE RIVER

ツイン・ピークス」シリーズや『イレイザーヘッド』(1977)『マルホランド・ドライブ』(2001)などで知られる鬼才にして名匠、デヴィッド・リンチ初の自伝『夢みる部屋』が2020年10月24日(土)に発売される。

本書は、比類なきビジョンを追求し続けてきたリンチによる映画・アート・音楽など、さまざまな“創作人生”と、リンチ自身の直面してきた苦悩や葛藤が明かされる、初めての伝記と回想録を融合させる試みだ。

共著者のクリスティン・マッケナによる評伝は、元妻や家族、友人、俳優、代理人、そして映画づくりで協働する同僚たち、総勢100人以上による驚くほど率直なインタビューから、パーソナルな「人間・リンチ」を浮き彫りにする。そしてリンチ自身による回想は叙情的で親密、そしてタブーなく全てを赤裸々に語る──過激なユーモアも忘れない──パーソナルな考察であり、リンチの美的感覚や人生哲学にあふれている。

鮮烈なデビュー作『イレイザーヘッド』から、出世作『ブルーベルベット』(1986)、テレビシリーズ「ツインピークス」(1990-1991)、『ロスト・ハイウェイ』(1997)、最新作「イン・ピークス The Return(邦題:リミテッド・イベント・シリーズ)」(2017)まで、リンチの全映画作品やデビュー前の初期作品、知る人ぞ知る短編、コマーシャル、そして企画が頓挫した作品まで、すべてを語り尽くすファン必携の一冊だ。

『夢みる部屋』

書名『夢みる部屋』
著者デイヴィッド・リンチ、クリスティン・マッケナ
訳・解説山形浩生
発売日2020年10月24日(土)
判型/ページ数A5判・上製/704頁
価格本体 4,500円+税
ISBN978-4-8459-1829-4
出版社フィルムアート社
『夢みる部屋』詳細ページ

THE RIVER

「デヴィッド・リンチ」をもっと詳しく

「デヴィッド・リンチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ