AbemaTV女子アナバトルが勃発か!? 瀧山アナが先輩西澤アナにキツイ一発「ベテラン臭出てませんか?」

10月25日(金)18時43分 AbemaTIMES

 元NMB48研究生でAbemaTVアナウンサーの瀧山あかねが、先輩である西澤由夏アナについてきつい一言を放ってしまい、自ら慌てる場面があった。
 
 10月23日のAbemaTVのバラエティ「チャンスの時間」で、「整形ドッキリ」企画の第2弾が放送された。これは、売れるための崖っぷちにいる女性タレントがマネージャーやプロデューサーに「もっと売れるため整形してほしい」と打診されたらどんな反応を示すかというリアルドキュメントドッキリ。そのターゲットとなった瀧山アナは、ニセの打ち合わせでプロデューサーに呼び出された。

 本題への導入として「今後やりたい仕事」について聞かれた瀧山アナは、「芸人さんの横につくアナウンサー」と回答。「本当は入社以来ずっとバラエティ番組がやりたいと言っていたんですけど、AbemaTVだとあまり“出じろ”がない」と打ち明けた。プロデューサーが「西澤さんはそのポジション。嫉妬しますか?」と聞くと、瀧山アナは「嫉妬しますし、“あわよくば”しかないですね」とMC交代を狙う貪欲な姿勢を見せた。これにはVTRを見ていた西澤アナは「怖いんですけど〜」と苦笑した。

 「でも無理だなと思います。(番組の企画で)MC交代をかけて漫才もしたけど、一度も千鳥さんの横に立てたことがない」と言う瀧山を、なおもプロデューサーが「あわよくば出たいじゃないですか? どうやったらそのポジション代われると思いますか?」と煽ると、思わず瀧山アナは「西澤さんが視聴者に飽きられるとか、ベテラン臭が出たら(ポジション代われる)。もう“回し”はベテラン臭出てませんか? 新人っぽさみたいのはない」と口を滑らせてしまった。

 本題である「いま整形関連の番組を考えていて、番組で整形してくださいって言われたらどうします?」との問いかけには瀧山アナは「難しいですね。売れたいけど」と消極的。さらに「アナウンサー3人に声をかけていて、整形すると手を挙げた人を起用しようと思う」と意地悪く迫るプロデューサーに、「私がグラビアアイドルなど“可愛い”が必要とされる仕事だったらやったかもしれないけど、私はアナウンサーだから、自分が売り物じゃない」と、アナウンサーに整形は必要ないときっぱりと断っていた。

 その後ネタバラシ。隠し撮りされていたことを知った瀧山アナは慌てて「いらんこと言っちゃってるかもしれない」と不安がると、「なんて言いましたっけ私? 西澤さんのことおばさんって言っちゃったっけ?」とダメ押しの余計な一言も加えた。
(AbemaTV/チャンスの時間より)

▶動画:壮絶な女子アナバトルに発展か?先輩アナに「ベテラン臭」

AbemaTIMES

「AbemaTV」をもっと詳しく

「AbemaTV」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ