『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓』刊行!ホテルオークラの代名詞、 大人気のフレンチトースト進化版レシピも!

10月25日(月)20時0分 Rooftop


株式会社KADOKAWAは、 2021年10月25日(月)に、 ホテルオークラ元総料理長・根岸規雄、 料理家・石原洋子夫妻の共著『夫はホテルオークラ元総料理長、 妻は料理家 ふたりの食卓』を発売。

料理を極めた夫妻が、 日々の「食卓」をレシピと会話で綴った注目の1冊。ホテルオークラ4代目総料理長として40年務めた根岸規雄さん、 テレビでもお馴染みの料理家、 石原洋子さんご夫妻。 リタイア後は、 主夫と主婦が逆転しているというおふたりの食生活は、 食べたいものを一緒に手作りして楽しく味わうという、 理想の夫婦のあり方だった。

unnamed-4.jpg

おもてなしや、 記念日だけでなく、 日々の豊かさの秘訣は「ひと手間かけた食卓」。 ある日の朝ごはんは、 ホテルオークラが日本に広めた伝統の味「クレープシュゼット」に「いろいろ野菜のスープ」。 クレープシュゼットの家庭向けレシピは本書が初公開。おもてなしのランチでは、 「グリルチキンサラダ」と「かぼちゃのポタージュ」に「マロンミルクゼリー」のデザートを。 ホテルでは幻になった「なすのグラタン」を家で再現するレシピも掲載。

unnamed-7.jpg

漬物や保存食も季節の食材に、 少し手をかけるのを楽しみながら作る。本書では、 孫と一緒の夕ごはんにも役立つ大人も好きな料理ラインナップから、 ホテル仕込みのメニュー、 手作り保存食まで、 全部で50品以上のレシピを紹介。ふたりの食卓談議では、 こころを込めて料理を作ることが暮らしの基本であることが伝わってくる。ふたりで作って一緒に味わう、 おいしい料理があれば、 幸せな暮らしが続いていく。

unnamed-6.jpg

「楽しみながら作り、 おいしくいただく毎日でありたいと思います」(洋子)
「今は朝から料理を作って、 ゆっくりいただく習慣を幸せに思います」(規雄)
「私たちが日々作っている“食べて飽きない家庭料理”は、 家族が豊かに暮らす礎になると信じています」(規雄・洋子)


Rooftop

「料理」をもっと詳しく

「料理」のニュース

「料理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ