【レシピ】<チャチャッと作る、小皿つまみ>「長いもの生ハム巻き」

10月26日(火)16時0分 婦人公論.jp


『長いもの生ハム巻き』(撮影:邑口京一郎)

『婦人公論』(10月12日号)の料理連載「ヘルシーキッチン」では、「あるものでチャチャッと作る、小皿つまみ」を特集! 料理研究家の小林まさみさんとその調理アシスタントを務めるまさるさんは、嫁舅の関係。料理とお酒を愛する二人の気取らない小皿つまみが並ぶ食卓を覗いてきました。小さなおかずにもなる簡単レシピ、いかがですか(撮影=邑口京一郎 スタイリング・構成=野澤幸代)

* * * * * * *

まさるさんは食材の組み合わせ方がユニーク


「いつも思うんですが、お義父さんは食材の組み合わせ方がユニーク。ほっけの干物を鍋にしたり、私にはない発想だから仕事の刺激にもなっています」(まさみさん)


自分にはない発想が刺激に(まさみさん)


『長いもの生ハム巻き』(撮影:邑口京一郎)

長いもの生ハム巻き


練り芥子を忍ばせた、ツンと小粋な味。

仕上げのごま油も絶妙です

■《 材料と作り方(2人分) 》

(1)長いも100gは皮をむいて7〜8cm長さに切り、1.5〜2cm角の棒状6本に切る。

(2) 生ハム6枚を広げ、半分に切って軸を除いた青じそ3枚分をのせる。練り芥子適量を塗り、(1)を巻く。

(3) 器に盛り、ごま油少々をかける。

サラミとふわふわスクランブルエッグ、じゃがいものブルーチーズソースなど8種のレシピはこちらから↓↓↓↓↓

「ヘルシーキッチン」レシピ一覧

婦人公論.jp

「レシピ」をもっと詳しく

「レシピ」のニュース

「レシピ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ