「リルリルフェアリル」の世界で自分のアバターが妖精と遊べる「フェアリルパッド」

10月26日(水)10時0分 J-CASTニュース

アバターになって可愛らしい妖精の世界へ

写真を拡大

セガサミーグループの玩具メーカー、セガトイズ(東京都台東区)は、サンリオと共同開発のキャラクター「リルリルフェアリル」から、タブレット型トイ「フェアリルパッド」を2016年10月27日に全国の玩具店および量販店などで発売する。



人間界と「フェアリル」の世界をのぞくツールとしてテレビアニメに登場するアイテムを商品化。5型ディスプレイを搭載し、自らをアバター(分身)として「フェアリルパッド」内に登場させ、可愛らしい妖精の世界で一緒に遊べる"フェアリル体験"を楽しめる。



音楽の録音・再生や動画の視聴・撮影が可能。搭載したインカメラで自由自在に自分撮りし、キャラクターたちのフレームなどで写真を加工できるほか、メールや動画、音楽、お絵描き、ぬりえ、ピアノ、英語学習、スピード計算など、遊びながら学べるアプリを多数搭載する。



タッチペン、専用ケース、充電用USBケーブル、録音ケーブルを同梱。



価格は1万3000円(税別)。



また、家具や雑貨などを「フェアリル」サイズで再現したドールハウス「フェアリルハウス」も同時発売する。価格は5000円(同)。

J-CASTニュース

「アバター」をもっと詳しく

「アバター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ