劇団マカリスター第七回公演「かかりがかり」にトッキュウジャーの長濱慎らが出演

10月26日(土)0時2分 ジェイタメ




テレビ朝日系「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演した俳優・長濱慎、元AKB48SDN48でバラエティでも活躍中の野呂佳代、オザワミツグ演劇の第4回公演で主演を果たした役者・小日向雪らが出演する、劇団マカリスター第七回公演「かかりがかり」(脚本・演出 井上テテ)が、2020年2月14日(金)から17日(月)まで、下北沢シアター711で上演されることが発表された。


<出演者コメント>

◎長濱慎

「俳優をやっております長濱慎と申します。今回井上テテさん主催の舞台に出演させて頂くことになりましてとても光栄です。テテさんとの出会いは約5年前。自分が戦隊ヒーローをやっていたときにGロッソ公演があり、そこで演出をしてくださったのがテテさんでした。自分はあまり舞台経験がなかったのですが、うまいこと演出してくださり、子供たちが全身で楽しんでくれる舞台が作れたこと、とても感謝しています。

そんなテテさんからお声かけ頂いたのも嬉しいですし、またタッグを組んで舞台を作れるのが今から楽しみです。素敵な劇団メンバーさんのお力をお借りしながら今までにない舞台が作れたらなと思います。是非見に来てください。よろしくお願い致します」


◎野呂佳代

「劇団マカリスター公演は3回目の出演となります。とにかく私はファンです!劇団マカリスターと井上テテさんの(笑)なので年に一度の私の楽しいひと時となります。今回も、どんな公演になるのか楽しみです!

独特な世界観だと思うのですが、この独特は劇場でしか味わえない面白さなので、ぜひ観に来ていただきたいです!私も頑張ってお稽古したいと思います!」


◎井上テテ

「今回は豪華メインキャストに加えて、いつにも増して出演者も盛りだくさんです。小劇場でできるコメディの限界に挑戦したいと思っております!ぜひ沢山の方に見に来ていただきたいです!よろしくお願いします!」


■あらすじ

世の中で人間が陥る「罹る(かかる)」状態。それはいわば催眠術や病気に罹ったかのように冷静な判断ができない状態。その状態を解くために密かに存在している国家機関、それが「人間省罹り係」である。

あるところに仲の悪い姉妹がいた。ある日、姉の元に「罹り係」の人間がやってくる。

彼は姉に言った。「あんたの妹が、近いうちに人を殺す」。

そして、前代未聞の喜劇が開幕する。


チケット発売日・12月14日(土)



ジェイタメ

「テレビ朝日」をもっと詳しく

「テレビ朝日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ