CLAMP初期の名作が30年の時を経て蘇る!『東京BABYLON 2021』、2021年放送

10月26日(月)0時10分 マイナビニュース

国内コミック総売上数1億部を超え、世界で熱狂的な支持を得る漫画家集団“CLAMP”の伝説的作品『東京BABYLON』が、2021年の東京を舞台に、30年の時を経てTVアニメ化されることが決定した。

TVアニメのタイトルは『東京BABYLON 2021』。アニメーション制作は、劇場版「マルドゥック・スクランブル」シリーズをはじめとした美しく繊細な映像を数多く手掛け、「K」シリーズや新作「プレイタの傷」など、オリジナルアニメーションでも高い評価を得るGoHandsが担当する。

原作の『東京BABYLON』は、新書館の「サウス」「月刊ウィングス」にて1990年〜1993年にかけて連載されたCLAMP初期の傑作とも称される漫画作品。

陰陽師としてさまざまな霊的事件を解決していく主人公・皇 昴流(すめらぎ すばる)と双子の姉・北都(ほくと)、さらに謎多き人物・桜塚星史郎(さくらづかせいしろう)と、魅力的なキャラクターたちが紡ぐ人間模様はもちろん、世相を映した社会派ドラマとしての魅力も持つ本作。今回のTVアニメでは、“2021年の東京”を舞台にストーリーが展開していくという。

TVアニメ化の発表とともにティザービジュアルも公開。東京の夜景を背に、陰陽師装束に身を包んだ昴流が舞う美麗なビジュアルとなっている。さらに第1弾PVも公開されており、早くもアニメーション映像の一部を垣間見ることができる。
○●TVアニメ『東京BABYLON 2021』第1弾PV

TVアニメ『東京BABYLON 2021』は、2021年の放送予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)CLAMP・ST/TOKYO BABYLON 2021 PROJECT

マイナビニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ