第24回「私たちのセクシュアルプレジャー宣言」

10月26日(火)0時0分 Rooftop

レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」


「してほしいこと、してほしくないことがあったら教えて?」と、私はお客様に伝えます。うーん、と首をかしげる方がいます。そして「わからないので、ゆうさんにおまかせします」と言うんです。

おまかせは、もちろん大歓迎です! 私はあなたにセクシュアルプレジャーを味わってもらうために、できることはすべてします。私はキャストとしての自分を、USJやディズニーランドのようなものだと思っています。ここに来たからには、愉しんでいってもらいたい。私は夢の世界を提供します。

*     *     *

愉しむ準備ができておらず心ががちがちに閉じているお客様が、プレイを通じて変わる瞬間があります。あっ、いま開いた! と私は思います。そこから「どうしてほしい」「次はこんなことをしてみたい」と意思表示できるようになるお客様は多いですね。

そうした方の多くは、これまでの人生でパートナーに何をしてほしいのか、何がイヤなのかを言えずにきたのだといいます。結婚生活は長いのに、「セックスでいままで一度も感じたことがない」という方もいて、ああ、ずっとつらい想いをされてきたんだなぁと思います。

何をしてほしいのかわからない、というのは本心だと思います。性の経験があまり豊富でなく、これまで性的なことにあまりアンテナを張ってこなかったのでしょう。興味も薄かったのかもしれませんね。それが悪いというわけではありません。

でも、セクシュアルプレジャーを一度でいいから体験してみたい。
そんな衝動があって、レズ風俗を利用されたのですよね。

私たちキャストはお客様の負担にならない範囲で、いろんな角度から「こうしたい」を聞き出そうと努めます。それに何も答えられなくても、心配しないでください。あなたの表情や身体の反応、肌の温度から読み取ります。

そこに反応があれば、「これがあなたの求めていたことなんだね!」とわかりますし、そうやってお客様自身はじめて「私はこうしたいんだ」ということ、それを相手に伝えてもいいんだということを知ります。

「痛いから、こういうふうにして」と言えない関係って、問題だと思うんですよね。セクシュアルプレジャーが得られるかどうかには、相手との関係性も大きく影響してくるのですね。

男性も、相手の表情や反応をよく観ていれば、そこにプレジャーがないことに気づくはずです。気持ちよくない、どうしてほしいのかもわからない……という状態だと、普通の男性ならどこか虚しくなるのではないでしょうか。どちらかだけが気持ちいいという状態は、セクシュアルプレジャーと言えないと思います。

レズ鑑賞クラブティアラのカップルコースは、男女カップルでご利用いただき、女性のお客様がキャストとプレイしているところを男性のお客様が鑑賞します。キャストの愛撫を見て、「勉強になります!」と言ってくださる男性、実は多いんです。

「そんなにやさしく、ていねいに触れるんですね」「ひとつの行為に、こんなに時間をかけるんだ!?」「指や舌の動きがすごく繊細……」といった感想をいただきます。私たちのプレイが、おふたりのセクシュアルプレジャーのヒントになるならうれしいです。

何をしたいのか、何をしてほしくないのか、いまさら言えない、聞けない……というおふたりは、ぜひカップルコースを利用して、会話のきっかけとしてほしいですね。

レズっ娘グループが実施した「お客様アンケート2021夏」では、「レズっ娘グループを利用して気づいた(知った)”性について大事なこと”」について、うかがいました。それまで性=恥ずかしいこと、後ろめたいことと感じていたお客様が、ご利用の後「愉しんでいいんだ!」「すばらしいことなんだ!」と気づいた、と書かれているのを見て、私はこの仕事をやってきてよかったなと思いました。

愉しもうと思ったもの勝ちなんですよ!
レズっ娘グループに、ぜひそのお手伝いをさせてください。

セクシュアルプレジャーは、自然に与えられるものではないと思います。自分が何もしないまま、どこかからやってくるものではないということです。求めて、はじめて得られるもの。誰かとベッドに入ったからといって自動的に得られるものでもないんです。そこで自分が何をしたいのか、何を求めるのかは、自分で決めていいものです。

私たちにはセクシュアルプレジャーを求める権利があるーーこれは2019年に「世界性の健康学会」というところが発表した「セクシュアルプレジャー宣言」で、謳われたことだそうです。

斬新ですよね!

でもレズっ娘グループのキャストがお客様にずっと伝えてきたことでもあると思います。みなさんも私たちと一緒に、セクシュアルプレジャー宣言しませんか? すでに愉しみ方を知っている人も、これから知りたいという人も、あなたのプレジャーを私たちとシェアしてください。

ゆう:永田カビ著『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)のモデルになった現役キャストで、2008年から在籍するベテラン中のベテラン。レズっ娘グループ全店の新人講習スタッフを兼任する。https://tiara.ms/cast/cast.php?no=00025

Rooftop

「ゆう」をもっと詳しく

「ゆう」のニュース

「ゆう」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ