安室奈美恵、新曲 『Dear Diary / Fighter』で歌う「自分の信念への真っ直ぐな想い」

10月26日(水)19時51分 Techinsight

『Dear Diary / Fighter』をリリースした安室奈美恵

写真を拡大

今年8月・9月に開催され、日本選手の活躍で盛り上がりを見せたリオデジャネイロオリンピックとパラリンピック。そのNHK放送テーマソングだったのが、安室奈美恵の『Hero』だ。数々の名シーンをさらに感動的に彩ったこの楽曲で、彼女の伸びやかで力強く、包み込むような壮大な歌声を再認識した人は多かったのではないか。その安室がシングル『Hero』から3か月、新曲 『Dear Diary / Fighter』を10月26日にリリースした。この2曲は映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)の主題歌・劇中歌に決定している注目曲だ。

同映画の主演・東出昌大に「最高の主題歌です。この一言に尽きます。」と言わしめた安室奈美恵の新曲『Dear Diary』。『DEATH NOTE』シリーズプロデューサー・佐藤貴博氏は、彼女の楽曲を起用した理由について「映画『DEATH NOTE』シリーズはこれまで主題歌に、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、レニー・クラヴィッツといった世界的に評価される海外のアーティストを起用して来ました。それは、レッチリやレニーの力を借りて世界に出たいという思いがあったからでした」とこれまでを振り返ってから、「しかし、既に『DEATH NOTE』は世界的に認知され、今回の新作も海外から大きな期待をとともに待ってもらえる状況になりました。もう海外アーティストの力を借りる必要はない、今回は日本を代表するアーティストとともに、本当の意味での“日本発、世界”を主題歌においても実践しようと思い、“Queen of POP”安室奈美恵さんにお願いしました。」とアーティスト・安室奈美恵に全幅の信頼を寄せての依頼であったことを明かした。

これに安室奈美恵は「主題歌と劇中歌を共に歌わせて頂くこと、とても光栄に思っております。」と心境を述べてから、「主題歌『Dear Diary』はバラード、劇中歌『Fighter』はダンスナンバーと、全く異なる2曲ですが、どちらの楽曲でも共通して自分の信念への真っ直ぐな想いを歌っています。この2曲で、より映画の魅力を引き立てることができれば嬉しいです。」とコメントしている。

ここで、早川加奈子氏による 『Dear Diary / Fighter』のオフィシャル・レビューが届いたので一部抜粋してご紹介したい。

『悲しみを強さに変える 美しき、歌う戦士』と題したレビューで、まず『Dear Diary』についてこう記している。

『ピアノの調べにうながされ、艶やかな歌声と共に張り裂けそうな思いがあふれ出す「Dear Diary」。<悲しみを強さに変えるように>と歌うその力強いバラードは、痛みや孤独を知るすべての人に向けた希望の歌であると同時に、シーンの頂点で挑み続ける安室奈美恵自身の生き様のようにも響く。ステージの上、ライトを浴びて歌い踊るその佇まいが力強ければ力強いほど、美しければ美しいほど、私たちは彼女の真相を知りたくてたまらなくなる。誰も知らない、誰にも明かすことのない心の内。” 親愛なる日記へ” という日記を書く際の慣用句がタイトルにつけられた「Dear Diary」は、まるでそれを覗き見るような感覚にも陥る。切なくも美しい1曲である。』


そして『デスノート Light up the NEW world』の劇中歌であり、Huluオリジナルドラマ『デスノートNEW GENERATION』の主題歌としてもオンエア中の『Fighter』について、このように綴っている。

『対する「Fighter」は、エレクトロニックなダンスビートの上、ラップを交え、愛を貫くために戦うと歌うクールでアグレッシヴなダンスチューン。<Fiiiiiiiiighter♪>と歌う声を合図に、ドラムロールが頂点を描く瞬間のゾクッとするほどのスリルは、間違いなく安室奈美恵にしか表現できないものだ。音楽性こそ「Dear Diary」とは真逆だが、どんな逆境もエッジィなビートへと昇華していくその様は、まさに美しき歌う戦士=安室奈美恵の生き様そのものとも言える。』


現在、安室奈美恵は、全国ツアー『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』の真っただ中。来年の3月31日の東京国際フォーラム・ホールAまで88公演を行う。

早川加奈子氏は、レビューをこう締めくくっている。

『痛みも悲しみも前に進む強さに変えていく、美しき歌うファイター、安室奈美恵。2017年のデビュー25周年に向けて加速し始めた彼女の次なる一撃に、早くも期待は高まるばかりである。』



(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

Techinsight

「安室奈美恵」をもっと詳しく

「安室奈美恵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ