白石麻衣、乃木坂の後輩・賀喜遥香からのお手製プレゼントに歓喜「本当はライブの時に渡そうと」

10月27日(火)22時4分 ABEMA TIMES

 27日に放送された『白石麻衣卒業特番〜サヨナラまでの過ごし方〜』(ABEMA)の中で、4期生の賀喜遥香が白石麻衣に手作りのプレゼントを渡す場面があった。

 10月28日に行われる配信ライブ『NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~』をもって乃木坂46から卒業する白石。この番組では、白石がドライバーに扮したタクシーにメンバーたちが同乗し、思い出を語り合いながらドライブする「白石タクシー」などの企画が展開されている。4期生の代表として乗車したのが賀喜と早川聖来だ。

 白石は2011年8月に乃木坂46の1期生としてデビュー。一方、賀喜と早川は、2018年8月に行われた乃木坂46、欅坂46、けやき坂46(ひらがなけやき)の「坂道合同オーディション」に合格し、乃木坂46に配属された。賀喜は「夜明けまで強がらなくてもいい」「幸せの保護色」でこれまで白石と共演しているが、2人とも白石と長い時間話し込んだことはないという。

 そんな賀喜と早川は少し緊張した面持ちでタクシーに乗車。ひとしきりトークを繰り広げた後、白石のソロ曲「オフショアガール」を歌うなど、3人でゆっくりとした時間を過ごした。

 そして最後は賀喜が手作りのプレゼントを渡す段取りとなった。賀喜といえば特技はイラストだが、「本当はライブの時に渡そうと思っていたんですけど、当日は周りに人がたくさんになっちゃうんじゃないかなと思って、今日渡せたらと。緊張する」と言いながら、白石を描いたというイラストを渡した。

 このプレゼントを受け白石は「えっ! 上手!! 上手くない? 描いたんだよね? 上手ね〜」とクオリティの高さを絶賛した。賀喜が「このMVの時の白石さんを見た時、すごいキレイだと思って、いつか描きたいと思ってたんです」と思いを伝えると、「白石は「すごいね。売れるよコレ、絶対(笑)」とジョークを放っていた。

■乃木坂46 白石麻衣 卒業コンサート『NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~』

東京ドーム3daysでの開催を予定していたものの、新型コロナウイルス感染が拡大していた状況を受け中止となった卒業ライブ。約5か月が経った28日、皆さまのもとにライブをお届けします!!(28日18時30分会場、19時30分開演)

・販売期間:28日21:30(ライブ終了予定時刻)まで ※本番組は見逃し配信非対応です。

ABEMA TIMES

「白石麻衣」をもっと詳しく

「白石麻衣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ