歴史と国家の闇を暴く問題作! 映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』面会心理バトル映像解禁!

10月27日(水)16時0分 Rooftop

2015年、全米が驚愕した。21世紀の情報化社会において、アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた、ある男の〈手記〉が出版されたのだ。しかも筆者の男はその時、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていた。異例尽くしのこの本は、またたく間にアメリカで大ベストセラーを記録し、その後、世界20か国で刊行された。どうしても、この手記を映画化したいと切望したのが、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされ、名実ともに英国俳優の頂点に躍り出たベネディクト・カンバーバッチ。自身の製作会社でプロデューサーに専念するはずが、出来上がった脚本に感銘を受けて出演も望み、遂に歴史と国家の闇を暴く問題作を完成させた。

この度解禁された映像は、ナンシー弁護士(ジョディ・フォスター)がたった一人でモハメドゥ(タハール・ラヒム)と面会する場面。まさかモハメドゥが拷問され自白を強要されたとは知らないナンシーは、テロリストを見るような疑念の眼差しでモハメドゥと対峙する。当のモハメドゥはどのような取り調べが行われたのかを明らかにしないばかりか、なぜか話をそらして苛立ちを口にするばかり。そしてナンシーを“口撃”する。その心理の背景にあるのは恥辱と恐怖。モハメドゥは拷問された事実を知られることを恥じており、非道な取り調べが行われた事実を監視の目が光る場所で話すことを恐れてもいるのだ。

5f616473-3996-460a-b406-643d8f836740.jpg

ナンシーとモハメドゥは「冗談じゃない、自分の首を絞める行為だ」「真実を知らないと弁護できない」「なにを言ったって無意味だ。俺はここで死ぬんだ!」「これこそが私の人生。あなたのような人を助けている」などと自らの人生とプライドをかけて言い争う。この魂のぶつかり合いはフォスターに二度目のアカデミー主演女優賞をもたらした『羊たちの沈黙』でのクラリスVSレクター博士の対峙シーンに勝るとも劣らない緊迫感がある。鬼気迫る空気感を生み出すためにフォスターとラヒムは事前打ち合わせもなく、演技プランなしで当該シーンに臨んだというのだから恐れ入る。

ラヒムはこのシーンの撮影について次のように振り返っている。「とても奇妙で不思議な時間だったよ。脚本どおりに演じるのとは違い、感情のままに動いてそれに相手が反応する。ただその瞬間に身を置き何かを作り出す。相手役がジョディで本当に幸運だったよ」。第78回ゴールデングローブ賞ノミネート&受賞もうなずける面会室バトルを、今こそ目撃せよ。『モーリタニアン 黒塗りの記録』は今週29日より全国公開となる。



Rooftop

「記録」をもっと詳しく

「記録」のニュース

「記録」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ