オードリー若林、長い独身生活で歪んだ日常を吐露 「リアル末期やん」

10月27日(日)15時41分 しらべぇ

若林正恭

相方の春日俊彰や親友の南海キャンディーズ山里亮太をはじめ、同世代の芸人らの結婚ラッシュが続くなか、41歳のオードリー若林正恭はいまだ独身を貫いている。

26日深夜放送『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、そんな若林が、長い独身生活で歪んでいっている日常を吐露。リスナーも心配する事態となった。


◼朝食が見える

新婚の春日が、朝食をきちんと食べ、ワイドショーを見てから出かけると知った若林は「メシなんか食ったことない」と相方の変化に驚きを隠せない。

春日も妻が用意してくれるからこそ家に食べるものがあると語ると、若林は「でも見える時あるけどね、朝ごはんが。お味噌汁とシャケとご飯と」とそこに無いはずの朝食が見えると吐露し始める。

かつて、独身を極めつつあるナインティナイン・岡村隆史は、そこにいないはずの「嫁が見える」と発言し世間をザワつかせたが、若林もその域に近づいていると春日は指摘。若林も岡村から「頑張れ、もうちょっとで(嫁が)見えるようになる」と励まされたと笑った。


関連記事:アンガ田中、オードリー若林の女性ファンに激怒 「あのクソ女だけは許さない」

◼飲み会では既婚者を気取る

さらに人見知りの若林は、飲み会で「もう結婚している」と自分は既婚者だと思いこむことで会話が弾むと明かす。

20代前半の若いタレントなどの場合、おじさんが結婚しているかどうか知らないと分析し、恋愛相談を受けても「結婚してるって思い込んで喋ればいける」と語る。

若林はあくまでも嘘をついているわけではないと主張。「思い込めばいける。為せば成るみたいな。『ウチの奥さんが』って自分で言うことによって自分をまず騙す。それで全然いい」とそこに至った心境を吐露した。

◼リスナーも心配

無いはずの朝食が見え、若手タレントの前では既婚者を気取る。若林のあまりにも歪な日常が明かされたこの日。

リスナーからは「相変わらずいい感じに暴走してるな」と若林の言動に納得する声があった一方で「今日の若さんやばいって」「リアル末期やん」と心配する声も目立っている。

また岡村に近づいている点から、「深刻な岡村化」「岡村さん化はやめよう若ちゃん」との声もあった。


◼3割強は「35歳過ぎの独身」に不信感

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,348名に調査したところ、3割以上が「35歳を過ぎて独身の人はなにかあると思う」と回答している。

もちろん結婚がすべてではなく、独身を満喫する人生を選んだ場合もある。それでも、結婚の平均年齢が上昇している昨今でも「35歳以上で独身」の人物に違和感を覚えてしまう人もいるようだ。

若林や岡村のように、独身をこじらせる人が増えれば、ますます35歳以上独身の肩身が狭くなるかもしれない。


・合わせて読みたい→若槻千夏に“独自のタレント名鑑”あり 「読みたい」「最強」の声殺到


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日

対象:全国20代〜60代の男女1,348名 (有効回答数)

しらべぇ

「オードリー」をもっと詳しく

「オードリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ