「初舞台」「152センチ」対決は川栄李奈に軍配!大島優子が舞台に向かないワケ

10月28日(水)9時59分 アサ芸プラス

 大島優子の初の本格的舞台出演となる「No.9 −不滅の旋律−」が10日から公演が開始されたが、ネット上では、舞台を観た人から「存在感がない」と辛らつな意見が寄せられている。

「その理由として、152センチという大島の低身長が舞台ではネックとなり、存在感がなくなっていると指摘する声も上がっています。主演の稲垣吾郎の身長が176センチ、マイコや高岡早紀といった他の女性メインキャストたちも160センチを超えていますから、子供が一人混ざっているように見えてしまったのかもしれません」(芸能ライター)

 とはいえ、AKB48出身の後輩・川栄李奈が先月「AZUMI 幕末編」で初舞台・初主演を果たし、高評価を得ている。

「川栄も大島と同じ152センチですが、ダイナミックな動きで存在感を打ち出すことができました。大島の場合は演技力も酷評されているように最近は女優として伸び悩んでいる感がある。川栄から憧れの女優として名前を挙げられていただけに、初舞台の評価が明暗分かれ皮肉な結果となりました」(芸能関係者)

 ネット上では「川栄みたいに身長と顔立ちのバランスがあればまだ良かったんだろうけど。背が低いとやっぱり幼く見えたりする」「大島は身長が低くくて顔立ちが老けているからアンバランスで見ていられない」「川栄の絶賛記事を見ていたら大島は不安になるだろうね」と、大島の今後の舞台活動を不安視する声も多く見受けられる。

 大島は「憧れ」の存在として、先輩の意地を見せられるか。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ