弘中綾香アナ、“自分ファースト”で令和OLの代表に 独自の仕事マインド語る

10月28日(水)10時0分 オリコン

『2020withOL⼤賞』⾃分ファースト賞に決定した弘中綾香アナウンサー

写真を拡大

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが、女性ファッション誌『with』(講談社)が選出する令和OLの代表として「withOL大賞」の“自分ファースト賞”を受賞した。

 2020年は働き方が大きく変わり、在宅ワーク制度も進化し、同誌は「2020年代の働く女子たちは、もう会社や社会という枠の中で窮屈を感じなくてもよくなったのではないか」と定義。そこで、「“会社を利用する”くらいの気持ちを持ってもいいのでは?」と語る、with読者と同性代の会社員である弘中アナのマインドこそ、ニュースタンダードだと考え、“自分ファースト賞”に選出した。

 弘中アナは「テレビ番組も雑誌も、一人では作れないじゃないですか。やっぱり私は、会社勤めの醍醐味って自分だけではできないような大きな仕事に関われることだと思うんです。会社の中でいろんな関わり合いを持てるからこそ、やりたいことも叶えやすいというか……。一人ではできないような経験も積めるので、成長も早い気がしますし。『働かされている』と思うよりは、すごく乱暴な表現ですが『この会社を利用してやる』くらいのマインドを持ってもいいのではないかと。そうやって『自分ファースト』に考えると、会社員ライフが楽しくなりそうだな〜……って、思っちゃったりしています」とコメントを寄せた。

 同号では、さまざまなジャンルの「withOL大賞」を発表。全国の働くOLや各業界の情報通に行ったアンケートをベースに、ファッション、メイク、休日の過ごし方、眼福男子など幅広いラインナップをカバーしたトレンドランキングをお届け。コロナによって通勤服や持ち物、生活スタイルに至るまで大きな変化があった1年を振り返る。

オリコン

「弘中綾香」をもっと詳しく

「弘中綾香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ