「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」星野源が最終章の見どころについてコメント

10月28日(月)15時30分 エンタメOVO

平沢和重役の星野源

写真を拡大

 10月27日放送の第40回から、いよいよ1964年東京オリンピックに向けた最終章に突入した大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」。そのキーマンの1人となるのが、IOC総会でオリンピック招致のスピーチを行った平沢和重だ。演じる星野源が、最終章の見どころについてコメントを発表した。

 「第40回以降の1964年東京オリンピック篇では、僕は要所要所に出てきて田畑に頼られて、助言するという役です。平沢さんがやられたことって、歴史の中ではすごいことなんですけれど、ドラマの中ではあっさり消化されているので、お助けキャラみたいな感じです」

 「第40回では田畑さんに招致のスピーチを頼まれて口説かれるシーンがあるんですけれど、ほぼ暗い部屋の中でずっとおじさんたちでしゃべっている撮影だったんです。撮影しているときの雰囲気がすごく演劇的で、共演者の方々も演劇の人たちばかり。やりながらどんどん変わっていって面白かったので、そこはぜひ見ていただきたいたいです」

 田畑政治(阿部サダヲ)や嘉納治五郎(役所広司)の悲願だった東京オリンピック開催に向けて加速していく物語の中、今後、平沢がどんな活躍を見せてくれるのか、期待したい。

エンタメOVO

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ