『アイシールド21』『ワンパンマン』などの作画で知られる村田雄介氏がキャラクターデザインを務めるバディアドベンチャー『バディミッション BOND』発表

10月29日(木)0時22分 電ファミニコゲーマー

 任天堂はゲーム情報番組「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10」にて、完全新作アドベンチャー『バディミッション BOND』を発表した。2021年1月29日発売予定。ニンテンドーeショップにて本日10月28日より予約を開始した。

 本作はキャラクターデザイン担当に漫画『アイシールド21』『ワンパンマン』などの作画で知られる村田雄介氏を起用。トレイラーからも分かるとおり、ストーリーや会話にデジタルコミックのスタイルを取り入れている。

 『バディミッション BOND』は、ヒーローを目指す警察官のルークを主人公に、ニンジャや詐欺師、怪盗のチーム「BOND」からふたり組のバディを組んで捜査・潜入を進めるタイトルだ。物語のおもな舞台となる「ミカグラ島」で暗躍する姿なき犯罪組織「DISCARD」を相手に、何度も相棒を変更しながら戦いを挑む。

 警官のルーク、「怪盗ビースト」ことアーロン、お酒とナンパが大好きなくせ者忍者モクマ、冷徹な魔性の詐欺師チェズレイ。

経歴も思想も能力も違う彼らから最良のバディを選び出し、DISCARDを追う。
 BONDのメンバーは時に協力し、時にぶつかり合う。厳しい戦いの中で育まれる友情の物語が描かれるだろう。

 犯罪組織の手がかりを見つけるには、まずはミカグラ島の捜査を進める。島にはさまざまな人物が住んでおり、誰もが協力的というわけではない。BONDのメンバーの特徴を見極め、適切なメンバーで聞き込みできるかが情報入手の鍵となる。
 入手した情報により、敵アジトへの潜入ルートが変化。聞き込みで手に入れた情報を元にBONDから最良のバディを選びだそう。

(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)

 村田雄介氏のデザインした個性的なキャラクターたちの熱い友情の物語が楽しめそうな『バディミッション BOND』は2021年1月29日に発売予定だ。

『バディミッション BOND』 公式ストアページはこちら

ライター/古嶋誉幸

ライター
古嶋誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「ワンパンマン」をもっと詳しく

「ワンパンマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ