「1000年に一度の童顔巨乳」 スパガ・浅川梨奈、ズボラな汚部屋キャラ発覚!?

10月29日(木)17時0分 メンズサイゾー

 avex初のアイドルとして鳴り物入りでデビューしたSUPER☆GiRLS(通称スパガ)。しかし、今年で結成5周年を迎えながらも、デビュー当初に比べて最近では勢いを失っていることを自覚しているという。そんな彼女たちが、一流のアイドルに成長するために体を張った企画に取り組んでいるのが新番組『アイドル再起奮闘バラエティ ワンチャン』(テレビ東京系)だ。


 28日深夜の放送ではメンバーがゴミ屋敷の清掃に挑戦。参加したのは、リーダーの志村理佳(23)とイジられキャラ的なポジションの渡邉幸愛(わたなべ・こうめ/17)、そして「1000年に一度の童顔巨乳」と言われ、このところグラビアシーンでも活躍する浅川梨奈(16)。当然ながら、いずれもゴミ屋敷の掃除など経験したことはなく、不安げな表情を浮かべながらロケ現場へと向かった。


 訪れたゴミ屋敷は約4年前から放置されており、近寄っただけで漂う異臭に、思わず渡邉も「私たちアイドルですよ。知ってます?」とスタッフに確認。さらに、今回の企画が浅川の性格がきっかけだということがわかると、渡邉は不満げな顔に。というのも、浅川は日ごろから楽屋を汚く使っているらしく、そのズボラな性格を叩き直すためにゴミ屋敷の清掃が言い渡されたのだった。


 昔から掃除が得意ではないという浅川。そんな彼女は、ゴミ屋敷を目の前にして「やり方わからないから見ててもいいですか?」と、企画のテーマを無視した発言。志村は浅川に呆れ気味な表情を浮かべたが、リーダーの自覚からか、率先してゴミ屋敷に乗り込み、渋々ながらふたりもそれに続いた。


 だが、原形をとどめていないゴミが散乱する家に一歩入ると、どこからともなくゴキブリが大量発生し、渡邉と志村は悲鳴を上げながら一目散に屋外へ退避。浅川は、ゴキブリを見ても動揺するタイプではなく、なぜふたりが家を飛び出したのかわからなかったようである。そんな浅川に対して、スタジオでVTRを見ていたメンバーらは、「自分の部屋もあんな感じだからじゃない?」などとコメント。汚部屋キャラ疑惑をかけられた浅川は「それはない!」と強い口調で否定したが、メンバーらは疑いの目を向けるのだった。


 その後、渡邉と志村は、ゴキブリやクモなどに悩まされながらも、ゴミ屋敷のリビングを見事に掃除。浅川はというと、虫類に強いことから、ひとりでキッチンを担当することになり、その様子は次回の放送に持ち越されることとなった。


 番組MCを務めるTKOの木本武宏(44)が、VTRを見ながら「芸人がやる仕事」と言った通り、バラエティの鉄板企画といえるゴミ屋敷掃除に挑戦したスパガ。デビュー当初は、王道アイドル路線を突き進んでいた彼女たちだが、ここ最近ではそのイメージを覆すような姿を見せつつある。


 8月発売のシングル『イッチャって♪ ヤッチャって♪』のPVでは水着姿でリンボーダンスをするなど、刺激的なタイトルだけでなくセクシーな姿を見せて話題になった。また、25日に行われたイベントでは、AKB48に対して志村が「(スパガの方が)顔面偏差値は高いと思います」と発言して物議をかもした。さまざまな場面で注目を集めることで、人気や知名度をさらに高めたいとの気持ちが強いのかもしれない。そして、体を張った企画に挑戦する番組を始めた彼女たちは、バラエティにも積極的に進出したいと考えているハズ。そうした中、ズボラな性格だと明かされた浅川は、グループを盛り上げる存在として活躍してくれることだろう。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ズボラをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ