「現役グラドル最高峰」柳ゆり菜、全裸に見えるポーズ&最新DVDに絶賛巻き起こる

10月29日(木)18時0分 メンズサイゾー

 人気グラビアアイドルの柳ゆり菜(21)が29日、流行の「全裸に見えるポーズ」を自身のブログで披露した。


 発売中の雑誌「FLASH」(光文社)に掲載されたグラビアのオフショットだといい、芸人・とにかく明るい安村のように水着部分がポージングによって隠され、まるで全裸のような写真になっている。柳は「安心してください。履いてますよ」とお決まりのセリフを記し、さらに「安村さんごめんなさい。(笑)」とおどけてみせた。


 最近はグラドルやアイドルが流行に乗って「全裸に見えるポーズ」を公開することが増えていたが、柳の今回のグラビアは自然光なしのストロボ撮影で生々しさが醸し出されており、単なるネタを超えたセクシーさ。ファンからも「履いてない方が嬉しいのに!」「めちゃくちゃ色っぽい」などと絶賛コメントが相次いでいる。


 また、柳は21日にCSのグラドル番組から生まれた最新DVD『Beach Angels 柳ゆり菜 in オアフ島』(バップ)をリリースしたが、これにも賞賛の声が殺到している。


 同作はハワイ・オアフ島を舞台に、ビキニはもちろんのこと黒のランジェリー姿などでB84・W59・H89のマシュマロボディーを惜しげもなく披露。これを視聴したグラビアファンからは、以下のようなコメントがネット上に多数寄せられた。


「オッパイがこぼれそうでヤバい」
「まるで女神のようだ...」
「内容はソフト系なのに、この子のカラダが本当にエロい」
「胸に目がいきやすいけどガッシリした腰回りが至高」
「間違いなく現役グラドル最高峰だわ」


 柳は昨年のNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』で赤玉ポートワインポスターの半裸モデルを演じたことで知名度が急上昇し、それ以降はグラビア露出が激増。男好きするグラマー体系と可愛らしいタヌキ顔で人気を博し、今夏に「週プレNEWS」が主要男性誌を対象に調査した「グラビアアイドル表紙登場回数ランキング」で1位を獲得した。


 下半期も勢いは止まらず数々の雑誌で表紙&グラビアを飾っており、当初は「今年最もブレイクしたグラドル」という評価だったが、もはや「2015年ナンバーワングラドル」と呼ぶべき状況に。


 さらに、このグラビア人気を追い風に女優業も活発化。今年は『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)など複数のドラマに出演し、今秋に4夜連続で放送された小出恵介(31)主演の深夜ドラマ『それでも僕は君が好き』(フジテレビ系)では第一話のヒロインに抜擢された。


 現在放送中のKis-My-Ft2・玉森裕太(25)主演の深夜ドラマ『青春探偵ハルヤ〜大人の悪を許さない!〜』(日本テレビ系)にもレギュラー出演しており、11月スタートの『必殺仕事人2015』(テレビ朝日系)への出演も決定。11月に上演される舞台『十二人の怒れる人々』にもメインキャストの一人として参加することが決まり、女優としても着実に実績を積み上げている。


 また、2015年競輪イメージガールとして出演している「KEIRIN」のCMでは、胸の谷間と太ももをあらわにしてダンスしている姿がセクシーだと好評。過去にEXILEのバックダンサーを務めていた経験があり、踊れるCMタレントとしての将来性も感じさせる。


「柳が所属している事務所はモデル系のイメージが強かったのですが、最近は池田エライザ(19)をセクシー路線で売り出すなど男性ファン獲得の手腕も見事。バーニング系列で業界への影響力も強く、バックアップ体制は万全です。抜群の素材に事務所の強力なサポートとなれば次世代グラドルの中心となるのは間違いなく、それ以上の活躍も十分に見込める」(アイドルライター)


 柳の急激な人気沸騰によって、4歳年上の姉で同じグラドルの柳いろは(24)の注目度が急上昇するという余波も。早くも最強グラドルに成長した柳が、姉妹そろって芸能界に旋風を巻き起こす日は近そうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

柳ゆり菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ