「破廉恥すぎる」佐山彩香、最新イメージDVDにグラビアマニアから期待の声! セクシー路線の強化でファン拡大

10月29日(土)12時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの佐山彩香(23)が11月25日に通算25作目となる最新イメージDVD『バリでの姫ごと』(エアコントロール)をリリースする。そのサンプル映像が公開されたのだが、グラビアファンの間で「過激すぎる」と話題になる事態が起きている。


 同作は常夏の島・バリを舞台に、完全主観で佐山とのラブラブ旅行を楽しめる趣向。話題のサンプル映像では爽やかなスーツ姿からいきなりの脱衣で真っ赤なランジェリーを露出し、大事な部分がギリギリ隠れているだけのスケスケの下着を身に着けたお尻を接写している。さらにピチピチの競泳水着でむっちりボディを披露したり、完全ノーブラでバストをストールで隠しただけのシーンがあったりと露出度は限界ギリギリだ。


 それにとどまらず、赤いビスチェを身に着けたシーンでは氷を肌に押し付けられて「冷たいです...」とSMチックに責められたリ、横乳全開のセクシー衣装をまとったり...サンプルの時点ですら、これでもかというほどのセクシー映像のオンパレードになっている。


 佐山といえば、2009年に現役中学生にしてグラビアデビュー。その愛くるしいルックスとバスト85センチFカップのグラマラスボディのギャップで瞬く間にグラビア界の注目株となり、翌年から「日本一可愛い女子高生」のキャッチコピーで雑誌グラビアを席巻した。


 2012年にはEXILE・AKIRA(35)主演の人気ドラマ『GTO』(フジテレビ系)で女優業に進出し、イジメっ子グループの一員・泉奈緒美を熱演。グラビアの彼女を知らない視聴者から「あの美少女は誰?」という声が続出する事態となった。


 その当時のイメージが残っている男性が多いため、今作の過激さに驚く人が続出。ネット上では「ボリューム感がたまらん」「めっちゃ可愛いのにDVDの内容エロすぎだろ」「最高の素材なのにここまでやってくれるとは...」「どんどんエロくなってる」「破廉恥すぎてけしからん、もっとやって」などと絶賛コメントが相次いでいる。


「グラドルとしての業界内の評価は非常に高く、2012年に『2代目HEIWAイメージガール』に選出され、その翌年にはグリコ乳業『ドロリッチ』のCMに第二期ドロリッチガールズとして出演。清楚なルックスとド迫力ボディを合わせ持った逸材です。しかし、女子高生時代のイメージが強いために20代になってからは人気が停滞している印象があった。しかし、今作の過激さからも分かるようにセクシー度を強化したことでオトナの女としての魅力が開花し、セカンドブレイクが狙えそうな状況になっています」(アイドルライター)


 セクシー路線強化の契機となったのは、2014年リリースの写真集『ゆれてもいい』(講談社)だろう。同作でセミヌードを解禁し、一糸まとわぬ全裸でバストトップを髪の毛で隠しているだけの表紙は多くのファンに衝撃を与えた。股間を手で隠した驚愕のセミヌードなどもあり、これで「日本一可愛い女子高生」のイメージから完全に一皮むけた印象がある。


 同じ事務所の人気グラドル・倉持由香(24)とともに出演しているネット放送局「AbemaTV」のバラエティ番組『土曜の夜は尻上がり!「ピーチゃんねる」』では、22日深夜の放送回でロデオマシーンに乗せられ、激しく揺れながら「汗だくになっちゃう!ちょっと湿ってきた...」とセクシーな言葉を口にするなどバラエティ適性も発揮。誰もが認める美人でプロポーションも抜群であるだけに、さらなる飛躍を期待したい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

グラビアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ