菅田将暉、『3年A組』で主演男優賞とグランプリを獲得「東京ドラマアウォード」

10月29日(火)11時0分 マイナビニュース

NHKと日本民間放送連盟などが主催する「東京ドラマアウォード2019」の授賞式が28日、都内で行われ、作品賞のグランプリに連続ドラマ部門で日本テレビ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』、単発ドラマ部門でテレビ東京『Aではない君と』が受賞。主演男優賞に選ばれた菅田将暉、主演女優賞の清原果耶らが出席した。

「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく、"市場性"や"商業性"にスポットをあて、 "世界に見せたい日本のドラマ"というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰。12回めを迎える今年は、昨年7月から今年6月までに放送されたドラマを対象に、作品賞のグランプリに連続ドラマ部門で日本テレビ系『3年A組−今から皆さんは、人質です−』が選ばれ、主演の菅田将暉は個人賞の主演男優賞も受賞して2冠を獲得した。

『3年A組−今から皆さんは、人質です−』では卒業前に生徒たちを監禁する高校教師を演じた菅田。司会の石坂浩二に感想を求められて「マイクを向けられるのも照れますけど」と笑みをこぼしながら「このドラマでは外側の仮面みたいなモノを全部剥ぎ取って、僕らの思う新しい哲学みたいなモノを発信するだけでした。スタッフともどもこの哲学が世の中に伝わらなかったらやめようと言っていました」と相当な覚悟を決めて収録に臨んだという。また、山田孝之と出演したテレビ朝日『dele』も連続ドラマ部門で優秀賞を受賞。「映画の現場という感じでした。贅沢な環境で、イチカメで一個一個ゆっくり撮っていったので自然とそうなったのかもしれません」と振り返った。

主演女優賞にはNHK『透明なゆりかご』で主人公の青田アオイを熱演した清原果耶が獲得。司会の石坂から「芝居に出し得ない品が出ていた」と言われると「本当ですか?ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべつつ、「この作品を撮影している時は本当にアオイちゃんをどうやって演じようかとすごく悩んだり考えたりしましたが、その分、大きくこの作品の存在を捉えていたので、大切にしたいという意識がとてもありました。それが表れたら嬉しいですね」と受賞を喜んだ。

『初めて恋をした日に読む話』では、役柄とはいえピンク色の髪の毛を染めるなど、大きな話題を集めた横浜流星が助演男優賞を獲得。「今までとは違った気がします」とこれまで演じてきたキャラクターとは大きく異なったというが、「自分と共感できるところも多く、真っ直ぐな少年でした。僕も学生時代に極真空手をずっとやっていて、空手に突き進むというところで匡平は受験勉強と深田恭子さんが演じた順子先生に対する恋心の真っ直ぐさに共感できるところがありました」と自身との共通点を挙げていた。
受賞一覧は以下の通り。
○「東京ドラマアウォード 2019」受賞作品・受賞者一覧

作品賞(連続ドラマ部門)

グランプリ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』日本テレビ放送網
優秀賞『透明なゆりかご』NHK
優秀賞『dele』テレビ朝日
優秀賞『大恋愛〜僕を忘れる君と』TBSテレビ
優秀賞『きのう何食べた?』テレビ東京

作品賞(単発ドラマ部門)

グランプリ『Aではない君と』テレビ東京
優秀賞『詐欺の子』NHK
優秀賞『満願』NHK
優秀賞『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』フジテレビジョン

ローカル・ドラマ賞

『なめとんか やしきたかじん誕生物語』関西テレビ放送
『かんざらしに恋して』NHK長崎放送局

個人賞

主演男優賞:菅田将暉『3年A組−今から皆さんは、人質です−』
主演女優賞:清原果耶『透明なゆりかご』
助演男優賞:横浜流星『初めて恋をした日に読む話』
助演女優賞:黒木華『獣になれない私たち』
脚本賞:安達奈緒子『透明なゆりかご』、『きのう何食べた?』
演出賞:福田雄一『今日から俺は!!』

主題歌賞

milet『inside you』(『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』オープニング・テーマ)

海外作品特別賞

『我的真朋友〜My True Friend〜』中国
『熱血司祭』韓国
『愛の運命』タイ

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ