ファミコン芸人フジタが厳選「あおり運転上等?妨害が当たり前の過酷レースゲーム」

10月29日(木)11時50分 オリコン

「あおり運転上等?妨害が当たり前の過酷レースゲーム」について語ったファミコン芸人フジタ (C)oricon ME inc.

写真を拡大

 家庭用ゲーム機黎明期に誕生し、今も楽しめる名作から、“クソゲー”と呼ばれる不人気作まで、さまざまなソフトを生み出した『ファミリーコンピュータ』。そのソフトは1000タイトル以上と言われ、誰もが知っている名作から、まったく日の目を見なかったものまで、実にさまざま。そこで、ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げたファミコン芸人・フジタ協力のもと、“ファミカセ”をさまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第14回のテーマはファミコン芸人フジタが厳選「あおり運転上等?妨害が当たり前の過酷レースゲーム」。※以降の内容は、ゲーム攻略法などネタバレ要素を含みます。閲覧にご注意ください。

オープニングテーマも特徴的!誰もがやったあのバイクゲーム

 ファミコンで発売されたレースゲームは大まかに、「車に乗っている感覚で操作する3Dスタイルのものと、上から見たトップビュー(俯瞰)スタイルのものに分けられる」というフジタ。なかでも、3Dスタイルでのゲームは大きな衝撃だったという。

「車を運転しているような感覚になれるということで、子どもの“運転したい欲”をうまくゲームで発散できるようにしてあったと思います。もちろん、リアリティーを追究した今のカーレースゲームと比べるとチープかもしれません。でもファミコンの場合は、リアルさだけではない、ゲームとしての楽しさという部分があると思います。『ロードファイター』とか『ジッピーレース』での、“あおり運転”どころじゃない妨害を乗り越えて、ゴールしたときの達成感は格別でした」

 そんなフジタが選んだ「あおり運転上等?妨害が当たり前の過酷レースゲーム」は以下の通り。

■エキサイトバイク(1984年/任天堂)

 これは真横から見るタイプのレースゲーム。簡単に口ずさめるオープニングテーマやコースが自分で作れるエディットモードなども印象的で、操作性もよく、単純なので、ファミコン世代の人でやったことない人はおそらくいないであろうというほどメジャーでした。1番売れた初代のファミコンカセット版で、2Pで対戦ができればよかったと個人的には思います。

 レースで勝つコツは、アクセルワーク。加速のいいBボタンと、ほどほどのAボタンがありますが、Bを押し続けるとオーバーヒートしてしまう。なのでずっとBでゲージがたまったら、BとAを交互に押してオーバーヒートを回避してました。あとジャンプ台は絶対前のめりで突っ込むこと。「コケるだろ」と思われるような角度で突っ込んでも、意外といけました。

 このゲームは、他車が明らかに妨害を狙って車線変更してくることはなかったですが、偶発的な事故は多発していたので、とにかく相手の動きを見極め、車線変更をうまくすることが大事でしたね。

“あおり運転の極み”幅寄せ妨害を乗り越えてゴールを目指したあのゲーム

■ロードファイター(1985年/コナミ)

 減っていく燃料を補充しながら、ゴールを目指すタイプのレースゲームですね。トップビュー(俯瞰)から見て車を操作するスタイルなので、車を運転している感はあまりないかもしれませんが、僕は逆にアクションゲーム的な感覚で楽しんでいました。

 このゲームはとにかく妨害がすごい。他車による幅寄せや、道路に穴、オイルがまかれていたり、とにかく自車をスピンさせようといろいろ仕掛けてきます。コースはほぼ直線なんですが、妨害によって自車に当たってしまうと、スピン→壁に激突で燃料をロスをしてしまいます。

 スピンを避けるための方法として、ぶつかられたタイミングで、十字キーを右左にガチャ押しして、逆方向にハンドルを切ると、スピンせずに立て直せるんです。当たるのが怖いからと言って、アクセルをゆるめたりする人もいるんですが、それでは、難易度が上がったときに(全4面の無限ループで徐々に難易度が上がるステージ設定)対応できません。常にアクセルは全開で、当たったらすぐに逆ハンドル。タイミングとコツがいるんですが、これがクリアの大きなポイントです。

 ちなみにこれのバイク版ともいえる「ジッピーレース」(1985年/アイレム)というゲームもありました。ただ、他車の妨害はよりハードで、ジワジワ幅寄せされたり、サッと前に出られたり、両サイドから2台の車が…なんてこともありました。

 もっとも後ろから無謀な運転をしているのはこっちなので、どっちもどっちですよね(笑)。

■F1レース(1984年/任天堂)

 おそらくファミコン史上初の車に乗っている感覚で操作する3Dシステムのレースゲームです。このソフト実は、中盤から死ぬほど難しいんです。サーキットを周回して、タイム内にゴールできればいいんですが、そのタイムが鬼のような設定。他車はいるだけで障害物となり、当たれば爆破というなか、時間との戦いなんです。

 416キロを超えると、さらにスピードが出るようになるんですけど、その416キロを超えるのが難しい。面が進むとコースの難易度が上がり、スピードを稼げる直線が減っていくんです。コツは、ブレーキ&アクセルワーク。ABボタン同時押しなども必要なので、めっちゃむずいです。子どもの手では難しいゲームでした。

レース?アクション?「パリダカ」の名を冠した謎のゲーム

番外編
■パリ・ダカール・ラリー・スペシャル(1988年/CBSソニー)

 もう1つどうしても紹介したいソフトがあったので番外編として紹介します。数々の死闘が繰り広げられた名レースを冠してますが、タイトルから想像するカーレースゲームとはかけ離れた内容です(笑)。

 冒頭、まず車を買うことからスタートします。RPGのような仕様になっていて、スポンサーを集めお金を頂戴し、車を買う。買ったところからラリーがスタートします。すぐにレースゲームが始まるのではなく、レースゲームの成り立ちを教えてくれるような感じです。

 レースは市街地からスタートするんですが、コースを走っていると、突然ドラム缶みたいなものを投げられるんです。それに当たると爆死。さらに進むと、鳥のフンを回避しなければ即死などがあり、なぜか海の中で水陸両用車である主人公の車から魚雷を打って敵を倒すという、アクションゲームの要素も。

 しかも途中、コース中に岩が置いてあるところがあって、車から降りて行ってみると、ドンキーコング風のゲームがスタートしたり、主人公自身がボールになる、ピンボールみたいなゲームになったり。レースだけでなく、当時の流行りを全部ぶち込んだ感がある、なかなかカオスなゲームです。

→次回は「名作解剖“ドラゴンクエストシリーズ”がゲーム界にもたらしたもの」

オリコン

「ファミコン」をもっと詳しく

「ファミコン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ