「逃げ恥」「IQ246」好調の陰にTBS一丸のコラボ戦略

10月29日(土)7時0分 NEWSポストセブン

今秋の話題作となっている『逃げるは恥だが役に立つ』(公式HPより)

写真を拡大

 今秋は、「ドラマのTBS」が復活しつつある。好調なドラマが多く、その背景にはTBS一丸となった戦略があるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。


 * * *

『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の勢いが止まりません。視聴率は1話10.2%、2話12.1%、3話12.5%と右肩上がりで、今秋から導入されたタイムシフト(録画)視聴率も1話が10.6%の2ケタ超え。さらに“恋ダンス”の動画が再生1000万回を突破するなど、話題を集めています。


 次に、『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)も、新作ドラマでは今期No.1となる1話13.1%を記録するなど、こちらも好調。『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)も、金曜ロードショー(日本テレビ系)が3週連続『ルパン三世シリーズ』を放送する逆境の中、9%台の視聴率で踏みとどまるなど、TBSドラマの好調さが光っています。


 その好調さを支えているのは、現場の一体感。3つのドラマを見ていて感じるのは、作品全体が見やすいワントーンで統一され、キャラクターが生き生きとしていること。バシッと決めた1つのテーマに向かって、スタッフとキャストが力を合わせている様子が随所にうかがえます。


 現場の一体感は、番組制作と向き合うTBS全体のスタンスに他なりません。その証拠に、『逃げるは恥だが役に立つ』に『news23』『情熱大陸』、『IQ246』に『ひるおび!』、『砂の塔』に『あさチャン』『ひるおび!』『Nスタ』が、ドラマの中に登場しました。


 これは、各番組がわざわざ撮影時間を確保して、出演者をそのままドラマに登場させる“ドラマin情報番組”とでも言うべき手法。これまでも似たケースはありましたが、今期ほどの協力体制は異例であり、「局一丸で新ドラマを盛り上げよう」というスタンスがうかがえます。


 また、「情報番組の出演者をドラマのレギュラーにキャスティングする」のも、「局一丸で新ドラマを盛り上げよう」という気持ちの表れ。今期は『IQ246』に『王様のブランチ』のMC・新川優愛さんを起用してスムーズな番宣につなげていますし、夏ドラマでも『せいせいするほど、愛してる』に『王様のブランチ』レギュラーの横沢夏子さんが起用されていました。さらに、1年前の『下町ロケット』では、『白熱ライブ ビビット』のMC・真矢ミキさんと『ひるおび!』のMC・恵俊彰さんを出演させて、両番組で何度となくPRをしていました。


 もう1つ忘れてはいけないのは、土屋太鳳さんの激走が記憶に新しい『オールスター感謝祭』。私は同番組を何度か取材したことがあるのですが、さまざまな企画を用意して、明確な見せ場を作ることで、「局をあげて新ドラマを盛り上げよう」というムードを感じました。そんな前向きなムードがスタッフに根づいているだけでなく、キャストにも伝わるのでしょう。『オールスター感謝祭』の放送日を機に、「さあいくぞ!」と士気が上がっていくのがTBSの伝統なのです。


 低視聴率をメディアが叩く風潮が色濃くなり、「民放ドラマへの出演をためらう」俳優が増える中、「今のTBSなら安心」という好意的な声が聞こえてくるのは、偶然ではありません。単に作品の質が高いということではなく、このような局一丸のサポート体制が関係しているのでしょう。


 前述した“ドラマin情報番組”も、情報番組出演者のドラマレギュラー起用も、やりすぎると視聴者に嫌われてしまいますが、現在は他局の番宣よりも「やらされている」感がないため、その懸念はほとんどありません。


 民放他局はTBSの手法をマネすることはできても、「ドラマと情報番組のリレーションがうまくいくか?」「局一丸のムードを醸し出せるか?」などが難しいため、なかなか同じような結果は得られないでしょう。このムードが続く限り、TBSのドラマは人気と質の両面で、今後も期待できる気がします。



【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

NEWSポストセブン

「TBS」をもっと詳しく

「TBS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ