佐藤勝利『ブラック校則』でじっと我慢する芝居に挑戦

10月30日(水)7時0分 シネマカフェ

『ブラック校則』(C)2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

写真を拡大

本日10月30日、23歳の誕生日を迎えた「Sexy Zone」佐藤勝利。この度、誕生日を記念して、主演作『ブラック校則』から新場面写真が初解禁された。



「Sexy Zone」のメンバーとして活躍する中、事故で亡くなった父親の魂が入った高校生役を演じた「49」、橋本環奈とW主演を務めスクリーンデビューとなった『ハルチカ』など、俳優としても活躍の幅を広げる佐藤さん。

『ハルチカ』以降は高校生役だけでなく、「99.9 -刑事専門弁護士-」では窃盗事件の容疑をかけられ心を閉ざしてしまった青年を、「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」では懸命に上司とのバトルを繰り広げる新入社員をと、また別の顔を見せた。

そんな佐藤さん2年ぶりとなる主演作で、初の映画単独主演作『ブラック校則』では、ブラックな校則に立ち向かう主人公・創楽を演じている。

映画だけでなく、ドラマ、「Hulu」も並行して放送・配信される本作だが、撮影は約2か月で全ての撮影を敢行した。クランクインでは「久しぶりの学園ものでお芝居が楽しみ」と語っていたが、実際の撮影での様子について河野英裕プロデューサーは「創楽は内向的で自分に自信がなくて、枠からはみ出すことができないキャラクター。クライマックスのシーンまでキャラクターに忠実に『じっと我慢する芝居』をしてね、と伝えていた。反対に中弥(高橋海人)は、自由なキャラクターなので、自由にやってと伝えていたこともあったため、彼(高橋さん)がアドリブをやってきても(佐藤さんは)じっと我慢する芝居をしなければならなかった」と明かし、「佐藤に『大変でしょ?』と聞くと、やっぱり『大変です……』と返ってくるぐらい大変だったと思う」と証言している。

そんな中でも、本作のクライマックスシーンでは、決意を固めた力強い眼差しとともに、じっと我慢していた想いを一気に溢れさせる場面が見どころだ。

先日の完成披露試写会で佐藤さんは「(初単独主演の作品が)『ブラック校則』でよかったなと思う」と語り、「学校のことだけじゃなく、社会の理不尽なことも描かれているので、高校生だけじゃなく大人も楽しめる作品になっている。余白がある映画だと思うので、じっくりと感じ取って色々な想像をしながら観てほしい」とアピールしていた。アイドル、役者として、常に進歩を続ける佐藤さん。本作では、佐藤さんのまた新たな一面が覗けそうだ。

『ブラック校則』は11月1日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「佐藤勝利」をもっと詳しく

「佐藤勝利」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ