台湾でも「鬼滅の刃」ブーム 映画館では「1日57本」上映、政治家の禰豆子コスプレも...

10月30日(金)19時12分 J-CASTニュース

大ヒット中のアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の上映が2020年10月30日に台湾でも始まった。

台湾でも「鬼滅ブーム」が広がる中、北西部・桃園市にある映画館では初日から57本も「鬼滅」を上映。あまりの過密スケジュールぶりに、日本のユーザーから驚きの声が聞かれている。

ハロウィンで区長が「炭治郎」に

日本では10月16日に公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」。各地の映画館には連日人だかりができ、25日には興行収入100億円を突破した。関連グッズの販売や企業とのコラボレーションも相次ぎ、今や「鬼滅人気」は社会現象となっている。

日本と文化的な繋がりが深い台湾にも、ブームは広がっている。台湾北部・新竹市議員の李妍慧氏は28日、作品のヒロイン「竈門禰豆子」(かまど・ねずこ)に扮したコスプレ画像を自身のフェイスブックに投稿。31日に新竹市で行われるハロウィーンパレードで「鬼殺隊」(作中に登場する組織)を結成し、行進することを伝えた。

また、台湾北部・新北市金山区のフェイスブックアカウントは29日、廖武輝区長が作品の主人公「竈門炭治郎」(かまど・たんじろう)のコスプレをして、作中に登場するキャラクターの仮装をした子供たちと一緒に写っている写真を投稿した。

台湾のニュースサイト「聯合新聞網」は29日に「劇場版鬼滅の公開初日に望ましくない観客を避ける方法」(以下、編集部訳)という見出しの記事を公開。30日の映画公開に合わせ、どうすれば映画館で「質の悪い」観客と会わず、快適に作品を見られるのかについて、ネットユーザーの間で議論になっているという内容だ。

ここでは「周りの3x3席を全部買う」「一人で貸し切るのが唯一の解決策」など、ネットユーザーの大喜利のような意見が紹介されている。記事の最後には「公開されたばかりのタイミングで鑑賞するのは得策ではなく、熱が下がるまでしばらく待った方が無難だという意見もありました」と締められている。

「日本よりも過密ダイヤになっとる」

台湾の「鬼滅ブーム」に対し、日本のファンが特に驚きをもって受け止めているのが、現地映画館での1日の上映数だ。日本では「TOHOシネマズ新宿」が10月16日の公開初日に42本も「鬼滅」を上映。あまりの高頻度に「電車の時刻表のようだ」と話題になったことが記憶に新しい。

しかし、台湾ではその「上」を行く映画館がある。例えば、台北市にある「台北信義威秀影城」では公開初日の30日に43本(以下、深夜含む)を上映。この時点でも「TOHOシネマズ新宿」の初日を上回っているが、翌31日はさらに多い46本を上映予定だ。

桃園市にある「桃園統領威秀影城」に至っては、公開初日になんと57本も「鬼滅」を上映。タイムスケジュールを見ると、朝8時15分に1本目が上映されると、その後は10〜20分間隔で深夜1時20分まで上映が続く。31日、1日も同様に57本の上映を予定している。

台湾での「飛ばしぶり」に、日本のツイッターユーザーからは「まさかこっちも電車の時刻表みたいとは」「日本よりも過密ダイヤになっとる」と驚きの声が聞かれている。

J-CASTニュース

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ