加護が告白「15歳の頃に彼氏」、お相手は超人気グループのメンバー。

10月30日(金)1時20分 ナリナリドットコム

元モーニング娘。でタレントの加護亜依(27歳)が、10月29日に放送されたバラエティ番組「ヨソで言わんとい亭」(テレビ東京系)に出演。アイドル時代、15歳の頃に超人気グループのメンバーと交際していたことを告白した。

この日、“テレビから消えた芸能人”の一人としてゲスト出演した加護。喫煙騒動をはじめ、これまでのさまざまな紆余曲折について触れる中で、モーニング娘。時代の恋愛事情についても言及した。

「ぶっちゃけ、当時は彼氏とかいたりしたの?」と聞かれた加護は、「ぶっちゃけ言うと…いました」と自ら暴露。加護が15歳、彼氏は17歳、出会いは番組の収録で、「番組のプロデューサーさんから『その人が加護ちゃんのこと好きだからメールしたいんだって』って言われて、『じゃあいいですよ』って言って」という流れで交際に発展したという。マネージャーも知らず、交際は半年間ほど続いたそうだ。

また、その彼氏はグループに所属する歌手で、雑誌には撮られたことはなかったとのこと。「本当にピュアな恋。何もしてない」と語り、番組MCのネプチューン・名倉潤(46歳)に彼氏の名前を耳打ちすると、名倉は動きがスローモーションになり「はぁ〜」「ダメダメ、ダメなやつです」と、大きく溜め息が漏れるほど大物だったようだ。

ちなみに、当時のデートについては、「すごく有名な方だったし、互いに目立ったので、(彼氏を)ダンボールの中に入れて、(知り合いに手伝ってもらって自宅に)運んでもらう」という方法で逢い引きしていたことも明かした。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

加護亜依をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ