霜降り明星・せいや、実家の両親のため新築一軒家購入

10月30日(金)5時36分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・霜降り明星のせいや(28歳)が、10月29日に放送されたバラエティ番組「霜降りバラエティー」(テレビ朝日系)に出演。実家の家族のために、家を購入した。    

せいやは上京するまでの25年間、古い棟から現在の棟へ引っ越しはあったものの、ずっと家族(両親、妹2人)と同じ団地で暮らしていたそう。全く売れてない頃から「親の家を買うのを、まず一個の目標にしよう」と心に決めていたといい、相方の粗品も「確かにせいやさん、実家買うために貯めてるって言ってましたもん」と証言する。

今回、番組は候補となる物件巡りのロケを敢行。せいやの「ずっとスタッフさんに言ってたんです。実家買います!」との宣言から始まり、「親がずっと団地に住んでるんですよ。そろそろ一軒家に」「ゆくゆくはオレも大阪帰ってきて住める家を買おうと思ってます」との強い思い、そして実印持参でロケに臨んだ。

超高級タワーマンション、築70年の昭和感漂う一軒家を見たあと、最後にせいやが自ら候補に選んだ物件(モデルルーム)をチェック。家族が要望していた「2台分の駐車場」「収納が多い」「食洗機付き」「広いリビング」「壁にロードバイクをかけたい」という条件をすべて満たした4LDK、約30坪(延床面積約100平米)の新築一軒家を、4000万円(土地・建物・オプション代込み)、35年ローンで契約した。

放送終了後、せいやはTwitterを更新。「霜降りバラエティありがとうございました!!マジで実家買いました これからは大学の奨学金400万と実家の4000万ローン背負ってお笑いやるので震えながらボケます 応援お願いします」とツイートしている。

ナリナリドットコム

「せいや」をもっと詳しく

「せいや」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ