あなたのまわりの“お騒がせ上司”への対処法…乃木坂46山崎怜奈「所詮、“他人”と割り切ること」

10月30日(金)20時0分 TOKYO FM+

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。10月29日(木)の放送では、“お騒がせ上司”について検証しました。

パーソナリティの山崎怜奈


ふとした疑問や生活の現場で感じるモヤモヤなど、物議をかもしているザワザワしたニュースから気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“あなたのまわりのお騒がせ上司”。
番組には、マスクをしない上司にモヤモヤ、何度お願いしてもつけてくれないという投書が。れなちは「マスクは義務でなく権利、微妙なニュアンスですよね……」とモヤモヤしつつも、それ以上にマスクをしていない人を見て“この人、マスクをしていない!”とつい思ってしまう世の中に疑問を感じているそう。
リスナーからは「いま、目の前で書類がないと騒いだかと思えばデスクの上に。犯人扱いされて迷惑」、「課長は鼻歌がうるさい。クラシックの世界にいたことをアピールしたいのか、仕事中に大声で歌っている。しかも、部長がいないとき限定」などさまざまな声が。そんななか、「支店長が時間にルーズでマイペース。3時間予定の会議中、2時間50分1人しゃべり。ラスト10分で報告と言われても……」というメッセージに、れなちは同情しつつも「2時間50分しゃべるって逆にスゴい。ラジオパーソナリティにぴったり!」とお騒がせ上司に驚く一幕も。
世間では11月3日(火・祝)のアメリカ大統領選に向け、連日トランプ氏の話題に事欠きませんが、もしも彼が上司だったら……なんて思いにふけるれなち。そこでこの日のゲスト、NY在住のジャーナリストでミレニアル・Z世代評論家でもあるシェリーめぐみさんにアメリカの若者の現状を聞いてみると、トランプ政権に不満を感じている人が多いそう。
ちなみにZ世代とは10代から24歳で、ミレニアル世代は24〜25歳から39歳ぐらいまでのこと。実は今回の選挙の命運は彼らが握っていると言われている、とシェリーさん。なぜならその世代の人口がものすごく多く、その数は有権者のおよそ37%を占めているそう。日本では少子化が叫ばれる一方で、アメリカは移民が続々と流入し、その子どもや孫が年々増加。「それがアメリカのパワーの源」とシェリーさんは言います。
そんな若者の多くはトランプ氏を支持していないものの、かといってバイデン氏も彼らが求めている大統領像ではないそう。今の若者が大統領に求めているのは、コロナからの復興以上に「環境問題」と「人種問題」だとシェリーさんは解説。彼らは今後も長年暮らす地球のことを最優先で考え、なおかつ人種も多様化しているだけにその2つを特に意識し、それらに力を入れるであろうバイデンさんを支持しているそうです。
最後に選挙の行方を聞いてみると、若者の期日前投票がスゴいため「その様子を見ていると若者の投票率が伸び、バイデンさんが勝つんじゃないか」とシェリーさんは予想していました。
また、番組では、まわりに理想の上司がいるかリスナーに投票を実施。結果は、「いる」が29%、「いない」が71%。
なかには「頼れるやさしい上司と先輩ばかり」という意見もあり、「世の中クセの強い人だけでなく、いい人もいるんですよね! それに自分とウマが合う個性が強い人もいますから」とフォローするれなち。そして、「所詮、“他人”と割り切ること」とまとめの一言を発表。「DNAが違うんだから、わからないこともあります。自分ができる範囲でお仕事をして、できなくなったら頼るとか、折り合いをつけて生きられたらいいな、と思います。私もそんなに器用じゃないから悩むんですけどね……」と話していました。
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年11月6日(金) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

TOKYO FM+

「上司」をもっと詳しく

「上司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ