今年デビュー35周年の森口博子、当時より「もっと良くなっているハズ!」“フレッシュな声”をキープする秘訣を明かす

10月30日(金)20時0分 TOKYO FM+

DAIGOがパーソナリティをつとめ、健やかな暮らしをキーワードにお届けするTOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。10月25日(日)放送のゲストは、9月16日(水)にガンダムソングのカバー&セルフカバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS 2』をリースした森口博子さん。ここでは、32歳から毎日欠かさずに続けている健康法や、“フレッシュな声”をキープする秘訣を語りました。

(写真左から)DAIGO、森口博子さん


◆僕は「夢がMORI MORI」世代(DAIGO)
DAIGO:森口博子さんは今年デビュー35周年。アニバーサリーイヤーなんですね。
森口:はい、おかげさまで。ありがとうございます!
DAIGO:すごいですね。僕は「夢がMORI MORI」世代なんですよ! 中学生ぐらいのときに観ていました。
森口:中学生!? DAIGOくん、かわいかったよね。こんな小さくてね……。
DAIGO:いやいや、会ったことないです(笑)。本当に観ていたので、今日は本当に嬉しいです!
森口:こちらこそです! ありがとうございます。
◆厄年から毎日欠かさず続けていることは?
DAIGO:今年は新型コロナウイルスの影響で自粛期間があったり、体のコンディションだけでなく、心のケアをする必要もあったと思います。森口さんが毎日の生活で気を付けていたことはありますか?
森口:私は厄年の32歳から毎日20分のストレッチを欠かさずに続けています。とくに自粛期間中は体を動かす時間が少なくなったので、必ずやっていました。あとは音楽をかけて(踊ったり)。デビュー前にアイドルのバックダンサーなどをやっていた時期もあったので。
DAIGO:えーっ!
森口:だから、好きな音楽をかけて体を動かしていましたね。
DAIGO:デビュー当時から変わらないんじゃないですか?
森口:いや、そんなことないですよ。もっと良くなっているはず(笑)!
DAIGO:そうですね。進化している。
◆“フレッシュな声”をキープする秘訣は?
DAIGO:見た目もそうですけど、声もずっとフレッシュで。何か秘訣は?
森口:声に関しては、やっぱりストイックですね。冷暖房の風が直接当たらないように、座る位置はいつもすごく気にしています。
DAIGO:風が直接当たるポジションってありますしね。
森口:そうすると乾燥してくるじゃないですか? だから声帯も心も乾燥させないように気をつけています。そして常にマイペットボトルを持ち歩いて喉を潤しています。今日も持って来ています。
DAIGO:ちゃんと喉をいたわっているんですね。
森口:うん。毎朝、目覚めたと同時にコンディションが気になってしまう。“今日は声が出るかな?”“ガサガサしていないかな?”って。歌の仕事があっても、なくても。職業病ですね。調子が良かったら、とにかく人生ハッピー! 調子が悪いと、ちょっともう……ってなっちゃう。
DAIGO:声の調子で、その日が左右するんですね。
森口:うん、する!
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年11月2日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名: DAIGOのOHAYO-WISH!!
放送エリア:TOKYO FM/FM大阪/ FM AICHI
放送日時:TOKYO FM:毎週日曜 9:30〜9:55
FM大阪、FM AICHI:毎週日曜 8:30〜8:55
パーソナリティ:DAIGO
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wish/

TOKYO FM+

「森口博子」をもっと詳しく

「森口博子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ