『ハリー・ポッターと秘密の部屋』徹底解説 ─ あらすじからキャスト情報まで完全ガイド

10月30日(金)12時13分 THE RIVER

ハリー・ポッターと秘密の部屋

J・K・ローリング原作、世界的ベストセラー小説『ハリー・ポッター』シリーズの映画版は今もなお根強い人気を誇っている。第2作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)は、ホグワーツ城で起こった「秘密の部屋」事件をめぐる物語。屋敷しもべ妖精の「ドビー」や空飛ぶ車など、『ハリー・ポッター』の世界でおなじみとなる新キャラクター・新要素も登場する。

本記事では、あらすじから名優ぞろいの出演者たち、監督をご紹介。鑑賞のお供に是非どうぞ。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』予告編

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』あらすじ

魔法使いの少年ハリー・ポッターは、ホグワーツ魔法魔術学校での一年を終えて、夏休みをダーズリー家で過ごしていた。

意地悪なダーズリー親子との生活に嫌気が差していたころ、ハリーの前に、屋敷しもべ妖精・ドビーが現れる。ドビーは「学校に帰ってはいけない」と忠告するが、ハリーは聞く耳を持たず、新学期になると学校に向かおうとする。ところがホグワーツ行きの電車に乗れない、空飛ぶ車で学校に向かおうとするもその様子をマグル(人間)に目撃されるなど、2年生としての生活は波乱含みのスタートとなった。

ハリーとロンはハーマイオニーら同級生たちと再会するが、やがて奇妙な出来事が起こり始める。「秘密の部屋は開かれた」というメッセージ、「殺してやる」という不気味な声、そしてマグルの生徒が石にされる事件……。犯人ではないかと疑われるハリーを前に、ハーマイオニーは無実を証明しようとする。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』主な出演者・キャスト

ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)

Daniel Radcliffe ダニエル・ラドクリフPhoto by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SDCC_2015_-_Daniel_Radcliffe_(19119473773).jpg

1989年、イギリス・イングランド出身。1999年にBBC製作ドラマ「デビッド・コパーフィールド」で俳優デビューを飾る。11歳で『ハリー・ポッター』シリーズの主役に大抜擢され、世界的な知名度を獲得。以降、2012年製作『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』までの全8作で主演を務めた。2011年にはブロードウェイ・ミュージカル『How to Succeed in Business Without Really Trying(原題)』のリバイバル版(1961年初演)で主演を務め、キレキレのダンスと歌唱パフォーマンスを披露している。

『ハリー・ポッター』以降は、『キル・ユア・ダーリン』(2013)『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2013)「ヤング・ドクター」(2012-2013)など、映画・ドラマ作品への積極的な出演を見せる。このほか、ポール・ダノと共演のインディペンデント映画『スイス・アーミー・マン』(2016)や『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(2016)などの話題作で存在感を放った。次回作として、両手に拳銃を固定された主人公を演じるサバイバル・アクション映画『ガンズ・アキンボ』の日本公開が2021年2月に控えている。

ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」©THE RIVER

1988年、イギリス・イングランド出身。2001年に『賢者の石』でスクリーン・デビューを飾る前は、学校や地元の劇団で上演される舞台に立っていた。『ハリー・ポッター』の大ファンだったというグリントは、中でも好きだったロン役に狙いを定めてオーディションに応募。ロンをイメージした即興ラップや原作小説のセリフを読んだビデオを送るなど、熱烈なラブコールで見事役を勝ち取った。

『ハリー・ポッター』完結後の2013年には、シャイア・ラブーフ主演の映画『バレット・オブ・ラブ』に出演。『スナッチ』(2000)のドラマ・リメイク版「スナッチ・ザ・シリーズ」(2017-)ではプロデューサー・デビューを果たした。スリラー・ホラーの名手M・ナイト・シャマラン製作総指揮・監督のドラマシリーズ「サーヴァント ターナー家の子守」(2019)では怪演を見せている。2019年には「東京コミコン」のため来日した。

エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)

View this post on Instagram

A post shared by Emma Watson (@emmawatson) on

1990年、イギリス人の両親のもとフランス・パリに生まれる。5歳までパリで過ごした後、イギリス・オックスフォードに移住した。スクリーン・デビューは『ハリー・ポッターと賢者の石』。8回のオーディションを経て、ハーマイオニー・グレンジャー役を射止めた。『ハリー・ポッター』完結後も継続して映画に出演。『マリリン 7日間の恋』(2011)『ウォールフラワー』(2012)『ノア 約束の方舟』(2014)など、注目作・話題作を経た後、2017年に実写映画版『美女と野獣』のヒロイン、ベル役に起用された。直近では『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)に出演している。フェミニズム運動にも熱心に取り組んでおり、2014年には国連組織UN Womenの親善大使に任命された。

ロビー・コルトレーン(ルビウス・ハグリッド)

Photo by killydoon https://www.flickr.com/photos/killydoon/1251037387/|Remixed by THE RIVER

1970年代から、テレビや舞台で活動する俳優・コメディアンとしてキャリアをスタートする。『フラッシュ・ゴードン』(1980)で映画デビューを果たしたのちには、バイプレーヤーとして多数の映画・ドラマに出演。90年代に入ると、ドラマ「心理探偵フィッツ」(1993-1996, 2006)や『007 ゴールデンアイ』(1995)のヴァレンティン・ドミトロヴィッチ・ズコフスキー役などの代表作に恵まれる。『ハリー・ポッター』のハグリッドで名前を世界的に知らしめた。そのほか『オーシャンズ12』(2004)や『ブラザーズ・ブルーム』(2008)など。

アラン・リックマン(セブルス・スネイプ先生)

Alan Rickman アラン・リックマンPhoto by Joella Marano https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Alan_Rickman,_2011.jpg

1946年、ロンドンの労働者階級の家庭に生まれる。グラフィック・デザイナーを経て、ロンドン王立演劇学校に入学。演劇の道を志す。1985年上演のロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによる舞台『Les Liaisons Dangereuses』のブロードウェイ版(1987)でトニー賞に初ノミネート。1978年のテレビ映画『Romeo & Juliet(原題)』で映画デビューを飾り、その後は『ダイ・ハード』(1988)や『ハリー・ポッター』シリーズをはじめ、数々の名作に出演を重ねる。『ロビン・フッド』(1991)で英国アカデミー賞助演男優賞を受賞。1997年のエマ・トンプソン出演作『ウィンター・ゲスト』、2014年のロマンス映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』で監督を務めている。2016年、すい臓がんにより他界。遺作は、『アイ・イン・ザ・スカイ世界一安全な戦場』(2016)と、多くの作品でタッグを組んできたティム・バートンの監督作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)。

リチャード・ハリス(アルバス・ダンブルドア校長)

Riichard Harris リチャード・ハリスPhoto by Boston City Archives https://www.flickr.com/photos/cityofbostonarchives/9519683138/

1930年生まれ。学生時代はラグビー選手として活躍するも、結核のためスポーツの道を絶たれ、その後演技の道に進む。不遇の下積み時代を経て、1958年に映画デビュー。『戦艦バウンティ』(1962)ののち、『孤独の報酬』(1963)でカンヌ国際映画祭男優賞に輝く。その後、『赤い砂漠』(1964)『テレマークの要塞』(1964)『キャメロット』(1967)などに出演。アクション俳優としての活躍、歌手活動などを経て、『ザ・フィールド』(1990)でアカデミー賞主演男優賞候補となる。そのほか『パトリオット・ゲーム』(1992)『許されざる者』(1992)など。2002年に病没。『ハリー・ポッター』シリーズには第2作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)まで出演し、ダンブルドア役はマイケル・ガンボンが引き継いだ。

マギー・スミス(ミネルバ・マクゴナガル先生)

View this post on Instagram

A post shared by Harry Potter Film (@harrypotterfilm) on

1934年生まれ。17歳で女優としてのキャリアをスタートし、いくつもの舞台を踏んだのち、ロイヤル・ナショナル・シアターの常連俳優となる。1960年代から映画でも活躍し、『オセロ』(1965)『ミス・ブロディの青春』(1969)『ナイル殺人事件』(1978)『カリフォルニア・スイート』(1978)『最強最後の晩餐』(1984)『眺めのいい部屋』(1985)『ゴスフォード・パーク』(2001)などでアカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞、あるいはノミネートされるなど輝かしいキャリアを誇る。そのほか代表作に『天使にラブ・ソングを…』シリーズや「ダウントン・アビー」(2010-2015, 映画2019)。

ケネス・ブラナー(ギルデロイ・ロックハート)

ケネス・ブラナーPhoto by Giorgia Meschini https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kenneth_Branagh_at_the_Roma_Fiction_Fest_2009_by_Giorgia_Meschini.jpg

1960年生まれ。イギリス・ロンドンの名門演劇学校・RADA(王立演劇学校)を卒業し、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに参加した。多くの舞台に出演した後、『炎のランナー』(1981)で映画デビュー。シェイクスピアの戯曲を自らの主演・監督・脚本で映画化した『ヘンリー五世』(1989)でアカデミー賞の主演男優賞・監督賞候補となり、その後も数々のシェイクスピア作品を映画化した。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ののち、『ワルキューレ』(2008)や「刑事ヴァランダー」(2008-2016)『マリリン 7日間の恋』(2011)『ダンケルク』(2017)『TENET テネット』(2020)。映画監督として『マイティ・ソー』(2011)『エージェント・ライアン』(2014)『シンデレラ』(2015)『オリエント急行殺人事件』(2017)『アルテミスと妖精の身代金』(2020)などを手がける。監督・主演・製作を務めた次回作『ナイル殺人事件』(2020年12月18日公開)が待機中。

トビー・ジョーンズ(ドビー)

トビー・ジョーンズWEBN-TV https://www.flickr.com/photos/politicalpulse/9882576783

1967年生まれ。大学卒業後の1991年頃から舞台俳優として活動を開始し、ティルダ・スウィントン主演『オルランド』(1992)で映画デビュー。リーアム・ニーソン主演『レ・ミゼラブル』(1998)、リュック・ベッソン監督『ジャンヌ・ダルク』(1999)などに出演したのち、本作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でドビーの声を担当した。

日本未公開作『Infamous(原題)』(2006)で映画初主演。その後も個性派俳優として、『ミスト』(2007)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)『裏切りのサーカス』(2011)『ハンガー・ゲーム』シリーズなど話題作に相次いで出演している。『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)では再びトビー役を演じた。近年は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)『マクマホン・ファイル』(2020)などに出演し、次回作としてアントワーン・フークア監督のSF映画『インフィニット(原題:Infinite)』が控える。

ボニー・ライト(ジニー・ウィーズリー)

この投稿をInstagramで見る

bye bye holidays

BONNIE WRIGHT(@thisisbwright)がシェアした投稿 -

1991年生まれ。『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)でロン・ウィーズリーの妹ジニー役として映画デビューを果たす。1作目では重要な登場人物ではなかったものの、シリーズを重ねるうちに物語の中心的存在となり、最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』(2011)まで同役を演じた。その他の出演作には、トロント国際映画祭で上映された日本未公開作『The Sea(原題)』など。監督としても活躍しており、大学の卒業制作として手がけた短編映画『Separate We Come, Separate We Go(原題)』はカンヌ国際映画祭に出品された。

シャーリー・ヘンダーソン(嘆きのマートル)

1965年生まれ。ギルドホール音楽演劇学校で演技を学び、卒業後は様々な舞台やテレビドラマに出演。映画ではリーアム・ニーソン主演『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』(1995)、ダニー・ボイル監督『トレインスポッティング』(1996)、レネー・ゼルウィガー主演『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)などに出演し、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で嘆きのマートル役を演じた。

その他の出演作には、コリン・ファレル主演『ダブリン上等!』(2003)、ソフィア・コッポラ監督『マリー・アントワネット』(2006)、ジェームズ・マカヴォイ主演『フィルス』(2013)など。近年は『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016)『T2 トレインスポッティング』(2017)『Okja/オクジャ』(2017)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)に出演している。

ジェマ・ジョーンズ(マダム・ポンフリー)

1942年生まれ。イギリス・ロンドンの名門演劇学校・RADA(王立演劇学校)を卒業したのち、本格的に俳優としての活動を開始した。ケン・ラッセル監督『肉体の悪魔』(1971)で映画デビューし、アカデミー賞脚色賞を受賞したアン・リー監督作『いつか晴れた日に』(1995)に出演。『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズなどに出演し、近作には『ゴッズ・オウン・カントリー』(2017)『ロケットマン』(2019)など。次回作はケイト・ウィンスレット主演&フランシス・リー監督最新作『Ammonite(原題)』。

トム・フェルトン(ドラコ・マルフォイ)

View this post on Instagram

A post shared by Tom Felton (@t22felton) on

1987年、イギリス・イングランド出身。『ハリー・ポッターと賢者の石』でドラコ・マルフォイ役に抜擢される前からCMやドラマ、映画などで活躍する。2012年『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』までの全8作でマルフォイ役を演じた。シリーズ完結後は、『猿の惑星: 創世記』(2011)や「THE FLASH/フラッシュ」(2016-)『オフィーリア』(2018)などの作品に継続的に出演。現在も『ハリー・ポッター』シリーズの共演者と親交を持っており、ハーマイオニー役エマ・ワトソンや、フレッド&ジョージ・ウィーズリー役のジェームズ&オリバー・フェルプスとの交友の様子をInstagramに投稿している。

View this post on Instagram

A post shared by Emma Watson (@emmawatson) on

ハリー・メリング(ダドリー・ダーズリー)

キーパー ある兵士の奇跡ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann 『キーパー ある兵士の奇跡』2020年10月23日全国公開

1989年生まれ。子役として数回舞台を踏んだのち、『ハリー・ポッター』シリーズのダドリー役で俳優としての本格デビューを果たす。祖父・叔父ふたり・従兄も俳優というサラブレッドで、名門劇団「ナショナル・ユース・シアター」やロンドン音楽演劇アカデミー(LAMDA)にて研鑽を積む。『ハリー・ポッター』完結後、2010年代はコンスタントに舞台に出演しながら、テレビドラマや映画でも頭角を現す。主な出演作に、映画『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』(2016)『バスターのバラード』(2018)『オールド・ガード』(2020)『悪魔はいつもそこに』(2020)のほか、Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(2020)など。イーサン・コーエン監督の新作『The Tragedy of Macbeth(原題)』を控えるなど、注目の若手俳優として成長を遂げた。

リチャード・グリフィス(バーノン・ダーズリー)

View this post on Instagram

A post shared by Harry Potter Film (@harrypotterfilm) on

1947年生まれ。大学時代に演劇を学んだのち、1974年に俳優デビュー。舞台でウィリアム・シェイクスピア作品の道化役など個性的な役柄で親しまれたのち、映画・ドラマに進出する。『ハリー・ポッター』シリーズ以外には、『ウィズネイルと僕』(1987)『ヒストリーボーイズ』(2006)『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠 ヘンリー五世』(2012)など。『バレエ・シューズ』(2007)ではハーマイオニー役のエマ・ワトソンと共演した。2013年に病没、遺作は『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013)へのカメオ出演となった。

フィオナ・ショー(ペチュニア・ダーズリー)

Fiona Shaw フィオナ・ショウPhoto by Marie-Lan Nguyen https://www.flickr.com/photos/jastrow/5367869161/

学生時代は哲学を学び、のちに王立演劇学校にて演技の訓練を積む。舞台・映画・テレビとボーダレスに活躍し、特に舞台ではローレンス・オリヴィエ賞に数度輝く名女優として知られる。映画では『ハリー・ポッター』シリーズ以外に『アンナ・カレーニナ』(1997)や『ツリー・オブ・ライフ』(2011)『コレット』(2018)『エノーラ・ホームズの事件簿』(2020)。テレビドラマでは「トゥルーブラッド」「フリーバッグ」「キリング・イヴ/Killing Eve」など近年の人気シリーズにも多数出演している。

デイビッド・ブラッドリー(アーガス・フィルチ)

David_Bradley デヴィッド・ブラッドリーPhotoo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:David_Bradley_(9362687819).jpg

1942年生まれ。学生時代から演劇活動を始め、1970年代からはイギリスの名門劇団「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー」のメンバーとして活動し、同じく名門劇団「ナショナル・シアター・カンパニー」にも登場した。長年にわたって舞台で活躍し、1990年代から映像にも積極的に進出。『ハリー・ポッター』シリーズのフィルチ役のほか、映画では『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(2007)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)に出演。テレビドラマでは「ゲーム・オブ・スローンズ」「ストレイン 沈黙のエクリプス」「レ・ミゼラブル」など。ギレルモ・デル・トロ監督によるアニメ映画『ピノキオ(原題:Pinocchio)』ではゼペットじいさん役を演じる。

ロバート・ハーディ(コーネリウス・ファッジ)

1925年生まれ。第二次世界大戦時には空軍パイロットとしての訓練を積み、1958年に俳優業をスタート。舞台ではシェイクスピア作品に数々出演し、イギリスの長寿テレビドラマ「All Creatures Great and Small(原題)」(1978-1990)に出演。その後も数々の映画やドラマに出演し、ウィンストン・チャーチル役を幾度も演じたことでも知られる。『ハリー・ポッター』シリーズでは、第2作『秘密の部屋』から第5作『不死鳥の騎士団』(2007)まで魔法省大臣のコーネリウス・ファッジを演じ、これが大スクリーンでの代表作となる。2017年病没。

クリスチャン・コールソン(トム・リドル)

この投稿をInstagramで見る

Christian Coulson(@ceeofcee)がシェアした投稿 -

1978年生まれ。名門ミュージカル劇団「ナショナル・ユース・ミュージック・シアター」に1990年から1997年まで在籍し、その後ケンブリッジ大学に進学。在学中から舞台『キャバレー』のMC役や『アルトゥロ・ウイの興隆』の主役などを務め、テレビ・映画でも活躍。『ハリー・ポッター』シリーズは『秘密の部屋』のみの出演だが、近作には『人生は小説よりも奇なり』(2016)やドラマ「ナッシュビル カントリーミュージックの聖地」「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」など。オーディオブック、オーディオドラマのナレーターも務める。

ジェイソン・アイザックス(ルシウス・マルフォイ)

ジェイソン・アイザックスPhoto by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/5976779426/ Remixed by THE RIVER

1963年生まれ。大学時代には法律を学ぶも、急激に演劇にのめり込み、ブリストル大学やナショナル・スチューデント・シアター・カンパニーを経て、名門の演劇学校「セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ」に進学。『ハリー・ポッター』シリーズには『秘密の部屋』のほか、第4作『炎のゴブレット』(2005)や第5作『不死鳥の騎士団』(2007)、第7作『死の秘宝』2部作(2010-2011)に出演。そのほか代表作に『パトリオット』(2000)『ブラックホーク・ダウン』(2001)『フューリー』(2014)『スターリンの葬送狂騒曲』(2017)「The OA」などがある。声優としてもテレビアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」「ダーク・クリスタル: エイジ・オブ・レジスタンス」「悪魔城ドラキュラ」やゲーム作品に出演。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』出演者/吹替声優

キャラクター名キャスト日本語吹替声優
ハリー・ポッターダニエル・ラドクリフ小野賢章
ロン・ウィーズリールパート・グリント常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャーエマ・ワトソン須藤祐実
ルビウス・ハグリッドロビー・コルトレーン斎藤志郎
セブルス・スネイプ先生アラン・リックマン土師孝也
アルバス・ダンブルドア校長リチャード・ハリス永井一郎
ミネルバ・マクゴナガル先生マギー・スミス谷 育子
ギルデロイ・ロックハート先生ケネス・ブラナー内田直哉
ドビー(声)トビー・ジョーンズ高木 渉
ジニー・ウィーズリーボニー・ライト高野朱華
嘆きのマートルシャーリー・ヘンダーソン坂本千夏
マダム・ポンフリージェマ・ジョーンズ麻生美代子
ドラコ・マルフォイトム・フェルトン三枝享祐
ダドリー・ダーズリーハリー・メリング忍足航己
バーノン・ダーズリーリチャード・グリフィス楠見尚己
ペチュニア・ダーズリーフィオナ・ショーさとうあい
アーガス・フィルチデイビッド・ブラッドリー青野 武
コーネリウス・ファッジロバート・ハーディ篠原大作
トム・リドルクリスチャン・コールソン石田彰
ルシウス・マルフォイジェイソン・アイザックス諸角憲一

クリス・コロンバス監督

1958年生まれ。ジョー・ダンテ監督『グレムリン』(1984)やリチャード・ドナー監督『グーニーズ』(1985)などの名作で脚本を手がけ、『ベビーシッター・アドベンチャー』(1987)で監督デビュー。『ホーム・アローン』(1990)『ホーム・アローン2』(1992)『ミセス・ダウト』(1993)『アンドリューNDR114』(1999)などで監督を務め、『ハリー・ポッターと賢者の石』に起用される。続く『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)でも監督を務め、第3作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)ではプロデューサーを務めた。

『ハリー・ポッター』シリーズののちは、『RENT/レント』(2005)や『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010)『ピクセル』(2015)を監督。最新作となるNetflix映画『クリスマス・クロニクル PART2』(2020年11月25日配信)を控える。監督業のほか、プロデューサーとして『ファンタスティック・フォー』『ナイト ミュージアム』シリーズを手がけ、『ウィッチ』(2015)『パティ・ケイク$』(2017)『バーバラと心の巨人』(2017)『The Lighthouse(原題)』(2019)などに名を連ねた。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』商品情報

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は、公開後さまざまなバージョンのDVD・ブルーレイがリリースされてきた。2020年10月現在、単独リリースで最も上位の規格は「ハリー・ポッターと秘密の部屋 <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(3枚組)」で、ブルーレイ盤に劇場公開版・完全版を収録。特典映像も充実している。なお、ブルーレイ・DVD単独のコレクターズ・エディションや廉価版もそれぞれリリースされている。

そのほか『ハリー・ポッター』シリーズの全8作品を収録した「ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組)」「ハリー・ポッター 8フィルムコレクション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(16枚組)」もそれぞれリリースされている。この機会にすべて手に入れたいという方はぜひこちらを。

THE RIVER

「ハリー・ポッター」をもっと詳しく

「ハリー・ポッター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ