ドラマ『先生を消す方程式。』主演・田中圭、共演・山田裕貴ら出演者の所属事務所が新人を募集

10月31日(土)19時0分 オリコン

『先生を消す方程式。』主演の田中圭(トライストーン・エンタテイメント所属)

写真を拡大

 俳優の田中圭が主演をつとめるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(毎週土曜 よる11時00分〜)が、10月31日よりスタート。主演の田中が所属する「トライストーン・エンタテイメント」はじめとする、同ドラマ出演者の所属芸能プロダクションが、オーディション情報サイト「デビュー」の『秋ドラマ特別オーディション2020』に参加し、新人オーディションを行っている。

 同ドラマの舞台は、都内の進学校“帝千学園”。特に、3年D組は成績優秀者が集められていたが、同クラスの担当になった教師は皆、短期間でメンタルを蝕まれ、退職していた。実は、このクラスには大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒が集っていたのだ。完全犯罪に近い形で、自らの手を汚すことなく担任を潰していく…。そんな闇深き高偏差値クラスに、田中演じる新たな担任・義澤経男がやって来る。

 笑顔でいつもニコニコしている義澤。生徒が意地悪な発言や質問をしても笑顔で答え、さらに、生徒から物理的に攻撃されて怪我をしても何故かニコニコ。そして、生徒たちのプライベートな情報を何故か熟知している義澤は、生徒たちを“笑顔”で指導していく。一方で、生徒たちの行動はエスカレートしていき、義澤を殺す計画を立てる。学校という閉ざされた空間で、教師と高IQ生徒たちが壮絶バトルを繰り広げる異色の学園サスペンス。

 田中が所属するトライストーン・エンタテイメントは、設立以来、“地道ではあるが、本物志向のマネージメント”をモットーに、質の高い実力派の若手俳優を育成。現在は小栗旬綾野剛をはじめ、映画やドラマ、舞台で活躍中の俳優・女優をマネージメントしている。新人に対しては、演技レッスンを受けさせながら、いろいろな現場を経験させている方針。また、同ドラマに出演する3年D組の生徒・伊吹命役の秋谷郁甫、宮下加奈役の榊原有那、さらには帝千学園校長・佐倉清役の手塚とおるも所属している。

 そして、義澤が担任する3年D組の副担任・頼田朝日役の山田裕貴、3年D組の生徒・玉木譲役の田中亨が所属する「ワタナベエンターテインメント」、3年D組の生徒・長井弓役の久保田紗友が所属する「ソニー・ミュージックアーティスツ」、同じく3年D組の生徒・大木薙役の森田想が所属する「ステッカー」も『秋ドラマ特別オーディション2020』に参加し、新しい人材を募集している。

 過去にデビューの「特別オーディション」からは篠原涼子、蒼井優、有村架純らが輩出している。女優・俳優の志望者にとっては見逃せないチャンスだ。同オーディションの応募締切は、11月16日(月)まで。参加プロダクションやそれぞれの応募資格・詳細は、オーディションサイト『デビュー』にて掲載中。

オリコン

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ