恋愛妄想が止まらない! 声優・高槻かなこが溺愛する「少女マンガ」4選

10月31日(土)20時0分 TOKYO FM+

アーティストとして新たなステージを目指す声優・高槻かなこがお送りするTOKYO FMの番組「高槻かなこのROYAL Night」。10月24日(土)の放送は、少女マンガを溺愛する高槻が、オススメの3タイトルをセレクト! 推しポイントを熱く語りました。

パーソナリティの高槻かなこ


今回はスペシャル企画「コロナ禍で胸キュン不足の人にオススメ! 恋愛妄想が止まらない 秋の夜長の少女マンガ特集!!!」と題して、高槻が大好きなオススメ少女マンガを語り尽くしました。
◆「NANA」(矢沢あい)
高槻が最初に「NANA」を読んだのは小学生時代。最近、読み直す機会が訪れて「あれ、全然感じ方が違う!」とビックリして、大人になってあらためて電子書籍で全巻大人買いをしたそうです。
「NANA」が描いているのは、大崎ナナ(愛称:ナナ)と一ノ瀬奈々(愛称:ハチ)という同じ名前でもタイプがまったく違う2人のヒロインの恋愛模様。
「ハチが結構目移りしちゃう子で。誰に対しても“カッコいい! あの人も好きかも、あの人もいいかも……キャー!”となっちゃう女の子。小中学生の頃に読んでいたときは、“なんなのハチ?”みたいな、アンチ・ハチな人がまわりに多かったんですよ」
ところが、いま読み直すとハチに対する見方もガラリと変わり、より面白くなったそう。
「ナナとハチ、その当時20歳なんですよ。(私が)26歳で読むと感じ方が全然違う。いやー、20歳のときは、ちょっと大人で悪そうな感じのオシャレな人がいたら“カッコいい! 好き!”ってなっちゃう! “わかるーっ!”って(笑)」
◆「まいりました、先輩」(馬瀬あずさ)
次にオススメしたのは、高校生のヒロインと水川先輩との恋愛を描く「まいりました、先輩」です。
「初めて付き合った先輩とのラブエピソードが毎話あるんですけど……(コミックス)1巻のタイトルをエピソード1から言うと『先輩とお付き合い』。少女漫画って、お付き合いするまでを結構描くじゃないですか。この漫画はね……サクッと付き合えます。それで、エピソード2は『先輩とキス』。すぐキスします。水川先輩、キス魔なんですよ。そしてエピソード3『先輩とお泊まり』。もう泊まってます! 早いです(笑)」
ちなみに高槻は、せっかちな水川先輩はタイプではないそう。
「“えー、大丈夫?”っておばさん心が出ちゃう。すぐ隠れてキスをしたがったり、友達が横にいるときも隠れてキスをしたがるのは、あんまり好きじゃない。将来、不安だなぁって思うんですよね〜。でもヒロインにとっては初めての恋だから、かなり刺激的なんじゃないかな」
◆「ひるなかの流星」(やまもり三香)
このマンガは、男性の知り合いが「バイブルだ」と言っていたことで、興味を持ったのがキッカケで読みはじめたそう。
「ヒロインは学校の先生のことを好きになっちゃって、先生も“好き!”って感じになるけど、やっぱり先生だから……みたいな。でも同級生の男の子もずっとヒロインのことが好きで……わーっ、三角形、トライアングル、イエーイって感じ(笑)」
そんな三角関係を、高槻はヒロインを親のような気持ちで応援しながら読んでいるのだそう。そして、このマンガで1番惹かれるキャラクターが……?
「同級生の男の子が、す〜ごく可愛いんです。ヒロインが先生のことを好きって知っていながらも、ずっと支えてくれる。落ち込んでいるときにもスッと支えにきてくれるのが、もう可愛くて仕方ない! 子犬を見ているような気持ち。おかしいな……確か(私が)高校生ぐらいのときは、年上にキュンしてたと思うんだよね。でも最近は、年下のキャラクターたちのほうが可愛くて可愛くて仕方ないです(笑)」
◆「凪のお暇」(コナリミサト)
年相応の少女マンガがないかと探していて、この作品を手に取ったのが読み始めたキッカケ。キラキラOLになることがストレスで、突然ボロアパートに引越した主人公・凪と、性格が複雑な彼氏の慎二、ボロアパートの隣人・ゴンとの物語です。凪の性格や人間関係のリアルさに心惹かれています。
「学生とは違う、私たちと同世代の女性の弱い部分がめちゃめちゃリアル。すごく凪にキュンとするんですよね。 凪を応援したくなるし、自分の状況と重ねて“凪が勇気を出したんだから、私も勇気を出してこうしよう!”と思える作品。すごく元気が出るんですよね」
また、まだコミックは連載中なので、話を追うのが楽しみなのだそう。
「慎二とゴンさんと凪の三角関係(?)が、どうなっていくか。私は凪が選ぶ選択だったらなんでもいい。凪はどんどん素敵な可愛い大人になっていくんじゃないかな、って思います。私もそんなキュートで愛らしい女性になりたい。“凪ちゃんを見習っていこう!”と思う作品です。また違う意味の“胸キュン”だね」
最近は少女マンガのなかで胸キュンしているキャラクターたちを見て、胸キュンする“おばさん化”が進んでいるという高槻。
「最近、同い年ぐらいの友達としゃべっていると“ガチ恋ってもう難しいよね”みたいな話になって(笑)。私は“まだまだ恋したい!”って思っているんですけど、まわりの友達には“恋愛に疲れた”と言い出す子が増えているんですよ。何なんだろう、そういう年齢なのかな? 27歳くらいって。そんなときこそ私は、少女マンガでエネルギー補給します!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年11月1日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:高槻かなこのROYAL Night
パーソナリティ:高槻かなこ
放送日時:毎週土曜 26:30〜27:00/ FM大阪 毎週土曜28:00〜28:30
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/royalnight

TOKYO FM+

「少女マンガ」をもっと詳しく

「少女マンガ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ