松雪泰子主演の「ジコチョー」が「ドクターX」に喧嘩を売った!?

11月1日(金)18時0分 アサ芸Biz

松雪泰子

写真を拡大

 その決めゼリフに視聴者は大歓喜!?

 放送中のドラマ「ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜」(NHK)で主演を務める松雪泰子。演じているのは、失敗を追及するのではなく原因と背景を究明し、失敗の再発防止に役立てる「失敗学」を切り札に、あらゆる事故調査を解明する天才工学者・天ノ真奈子。マイペースでわがままな性格だが、第三者の目で調べる「事故調査委員会」こと「事故調」に招かれては、事故の真実へとたどり着く手腕を買われている。

 脳内には古今東西の「失敗データベース」を持ち、決めゼリフは「私、失敗しちゃった」。これを聞いて、米倉涼子演じる「私、失敗しないので」が決めゼリフの「ドクターX」(テレビ朝日系)を思い出す人も多いはずだ。

「松雪主演の『ジコチョー』は、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で一躍有名人となった脚本家・徳尾浩司氏のオリジナル作品です。コミカルなエッセンスを多く含んだ内容ですが、化学工場や食品メーカーなどで起きた“事故”に関しては、とても緻密に描かれています。しかし『ドクターX』の新シーズンが同クールで放送中、さらに11月2日からは『おっさんずラブ‐in the sky‐』が始まるというタイミングで『ジコチョー』が放送されていることに対して、ネット上では『これはNHKがテレ朝にケンカ売ってるよね?』『テレ朝から仕事をもらってる脚本家がテレ朝を攻撃するわけない』など、様々な意見があがって紛糾しているようです」(女性誌記者)

「成長・進歩には必ず失敗がついてまわるもの」という信念で失敗を愛し、他人の失敗エピソードに目を輝かせる真奈子を演じている松雪。コミカルな演技でも定評のある松雪だけに、真奈子役は気持ちがいいほどお似合いだ。しかし、やはりこの放送のタイミングには、モヤモヤする視聴者もいるようだ。

アサ芸Biz

「松雪泰子」をもっと詳しく

「松雪泰子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ