「隠れDカップ」と話題の桐谷美玲、根強く噂される「拒食症疑惑」を払拭

11月1日(日)15時0分 メンズサイゾー

 女優の桐谷美玲(25)が10月27日、格安航空会社「ジェットスター・ジャパン」の新CM発表会見に出席した。この席上での桐谷の受け答えが「エースの自覚」と評判になり、さらにネット上で抜群のスタイルに称賛が巻き起こるなど再注目されている。


 11月2日から放映される同CMでは「サイテー」「最高」というセリフがあることから、桐谷は「最近の最高な出来事」として友達やマネジャーら身近な人々のおめでたラッシュを挙げた。それに続いて「結婚は?」と記者から問われると、桐谷は「予定は全くないです」とキッパリ。浮ついた印象のない毅然とした態度だった。


 また、桐谷は21日に出席した別のイベントでも「朝が苦手」という話題で記者から「誰かに起こしてもらったら?」と聞かれると「それは大丈夫です」と即答。素っ気なさすら感じさせたが、これが「エースの自覚」だと称賛されているのだ。


「桐谷が所属する事務所は、長らく堀北真希(27)と黒木メイサ(27)の二枚看板だった。しかし、黒木が2012年に元KAT-TUN赤西仁(31)とデキちゃった婚したことで堀北のワントップ状態になり、さらに堀北も今年8月に山本耕史(38)と電撃結婚。特に清純派だった堀北の結婚はタレント価値の下落が著しく、今まで常に三番手だった桐谷が新エースに躍り出た。事務所を背負う存在なったのですから、例えリップサービスでもスキャンダルをにおわすことはできない。その自覚が味気ないようにも感じられる毅然としたコメントに反映されたのでしょう」(芸能関係者)


 先輩の失速で漁夫の利を得たというわけではなく、桐谷は女優としての実力も堀北や黒木を追い越さんばかりの状況。9月に公開された主演映画『ヒロイン失格』は興行収入20億円突破の大ヒット。大作映画『進撃の巨人』の後編と公開日が重なってしまうという不利をハネ返し、公開一週目でランキング首位を獲得するという快挙を成し遂げた。『進撃の巨人』は427スクリーン、『ヒロイン失格』は268スクリーンという公開規模の違いがありながらの大逆転だった。


 また、就任当時は「どうせ長く続かない」と揶揄された報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の曜日キャスターも続いており、フェリス女学院出身の知性派イメージは健在。さらに、それ以上に期待されているのがCMキャラクターとしての活躍だ。


 今年上半期の「CM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、13社の上戸彩(30)に続いて10社で2位にランクイン。現在は上戸が育児休暇に入ったため、次期CM女王の座は桐谷が最有力候補といわれている。


 もはや敵なしの状況に思える桐谷だが、唯一の心配はスレンダーすぎる体型。ネット上では頻繁に「心配になるほどの激ヤセ」「細すぎて不安になる」「拒食症なのでは」などと話題になり、過去に「身長163.5cm、体重39kg」と公表していたこともあって健康面が不安視されていた。


 しかし、最近になって過去の水着ショットがネット上に多数アップされると「想像以上に胸が大きい」「痩せてるはずなのにオッパイが立派」と話題に。不健康に痩せると女性は真っ先に胸が小さくなるといわれているが、桐谷は推定Cカップはあろうかと思われる立派なバストとなっている。


「桐谷はいわゆる『ヤセの大食い』タイプ。好きなだけ食べないとストレスが溜まるとまで公言している。決して過度のダイエットや拒食症のせいではなく、あれが彼女にとっての普通の体型のようです。何もせずともスレンダーで胸はそれなりに大きいという、天が与えた奇跡のスタイルですね。最近は若干ふっくらしてきたこともあって、バストが推定Dカップにまで成長したと指摘されています」(芸能関係者)


 女優やCMキャラクターとして絶好調、さらには現役ニュースキャスターの知性派でナイスバディ、しかもスキャンダルの心配なし。もはや死角なしとなった彼女の勢いは誰にも止められなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「桐谷美玲」をもっと詳しく

「桐谷美玲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ