ハリセンボン箕輪はるか含め吉祥寺に抱く不満

11月1日(火)16時0分 NEWSポストセブン

箕輪はるかも吉祥寺の不便さをこぼす

写真を拡大

 住みたい街10年連続No.1の吉祥寺。武蔵野台地という自然豊かな土地に、古の文化と歴史が根づき、一方でおしゃれなカフェや雑貨店なども並ぶ。


 しかし、交通アクセスは決していいとはいえないようだ。吉祥寺に住むお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるか(36才)が語る。


「特に土日とか休日は、中央線がものすごく混んでなかなか座れない。だから本当に疲れている時は電車で一度三鷹まで戻って、三鷹から出る始発で座ることも。そもそも吉祥寺は特急が止まらないしアクセスがいいって一体、誰が言い始めたのやら…」


 確かに不便な面も多い。吉祥寺で生まれ育ったA子さん(34才)が明かす。


「港区や渋谷区、時には足立区からすら“しょせん、市でしょ?”と馬鹿にされるんです(苦笑)。市外局番も同じ都下でも狛江市は“東京03”なのに、うちは“0422”。よくある“23区内配達”も当然アウト。空港までの定額タクシーも増額です。日常のさまざまなシーンで“都下”という現実を突きつけられるんです。それに人が多くて道も狭いから、車で移動なんかできませんよ」


 一方、「吉祥寺」の名を冠したマンションに住んでいるという主婦B代さん(50才)はやっぱり“吉祥寺ブランド”を捨てられない。


「夫が吉祥寺に住んでいたので、結婚をきっかけに私も吉祥寺に来て。あっ、ごめんなさい、つい癖でそう言っちゃうんですが、ホントは練馬区関町です…(苦笑)。家の道を一本挟んだ隣が吉祥寺地区で、マンションも吉祥寺って書いてあるので、人に聞かれるとつい言っちゃうんですよねえ。


 それに、関町って言っても“どこそれ?”ってなるんですが、吉祥寺だと“ヘェ〜!”って羨望のまなざしに変わるんですから。最寄りの武蔵境駅までは徒歩2分ですが、20分かけて歩いて吉祥寺駅を使っています。運動になると自分に言い聞かせて…(苦笑)」



 現在放送中のドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(テレビ東京ほか・金曜24時52分〜)の脚本を手がけるため、実際に街を歩いた山田あかねさんは、吉祥寺という街の個性がなくなりつつあることに気がつき「つまらなくなった」と肩を落とす。


「ディープな品揃えを誇る書店や“爆音上映”イベントを行う映画館など、新宿や中野とはちょっと違う、独特の武蔵野文化があるところがよかったんですけどね。よくある商業施設が増えて街がこぎれいになってしまった」


 吉祥寺は、そんなふうにして独自の文化のにおいが少しずつ薄れつつある。


「住んでいるところが観光地化される不幸は、住民は日常を暮らしているのに、よそから来る人が着飾っていることです。犬の散歩に最寄りの公園といっても、井の頭公園になってしまう。ジャージー姿で出て行っても、周りはおしゃれに決めて来たカップルだらけですからあまりに惨め(苦笑)。仕方なくそれなりの格好をして出て行くのは、さぞ面倒でしょう」(前出・山田さん)


※女性セブン2016年11月10日号

NEWSポストセブン

「吉祥寺」をもっと詳しく

「吉祥寺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ